1匹目 純血ロードランナー編 part1

By | 2015年3月8日

さて、MF2円盤石・石版再生縛り。
栄えある第1匹目のモンスターを選びます。

状況はゲーム開始時の1000年4月ですので、合体アイテムも何もありません。
円盤石再生もできませんので、モンスターはマーケットから貰います。

ゲーム開始当初でマーケットから貰えるモンスターは以下の3匹。

01_00

・モッチー
・ロードランナー
・スエゾー

でまぁ、結果的にどのモンスターを選んだかと言いますと、
純血ロードランナーです。

選定理由としては、まずモッチー好きじゃないから育てたくなかったんですね(オイ
そしてスエゾーですが、性格ワルと成長タイプ早熟という点がネックに。
私は別段育成がうまいわけでもないのと、最初のモンスターは資金難に陥ることがほぼ確実なので、
そういった中で性格と成長タイプの難易度が高いモンスターは避けたかったのです。
同理由で、合体で出来るロードランナー種のSubスエゾーのロードマスタードも却下
(合体の500Gもきつい
まぁ、後々ロードマスタード育てれば良かったと思うわけですが…

ではまずロードランナーの適正 (※画像はモンスターファーム2@まとめwikiより

ロードランナー

まぁ非常に平均的といったところ。
黄金もも取得の為にかしこさを200まで上げなくてはならないのに対し、
かしこさ適正Dが少し響きそうですが、重トレのない命中がBなのはお得感。

そして育成方針ですが、この最初の一匹は結構難易度が高いです。

その理由は、白銀ももの入手と大会日程の問題。

まず白銀ももについて。
白銀ももを食べさせると寿命が約半年延びて非常に大きいのですが、
入手条件としては、「6歳3ヶ月(300週)以上のモンスターで6月2週に行われる
Fランクのシルバー杯に参加して優勝する」です。

ここで問題なのは最初の育成モンスターは4月1週から育成が始まるという点。
順当に進んでいくと6歳の時に6月2週を迎えても、モンスターの年齢は6歳2ヶ月2週
シルバー杯に参加できません

つまり、初回育成モンスターが最速でシルバー杯に参加できるのは7歳2ヶ月2週の時。
経過週は349週の時。大会後、白銀ももを食べる事も考えると353週です。
そして、ロードランナーの寿命は350週。

要するに技習得などを考えると、黄金ももを使い寿命を延ばし、
更に冒険で延命措置をしながらでも大分寿命がギリギリだということ。
覚える技も大分絞ることになると思います。

次に大会日程ですが、
初回は四大大会は全て開催日の前月の2週に招待状を貰わないと参加できません
つまり、大会前の一月を修行に出す事は出来ないんですね。

この点を考えると、終盤の能力が伸びきって技を覚えやすくなった段階でも、
大会ラッシュ中はほぼ技を覚えに行く暇が無いので、
技の習得はほぼ前半で覚えなくてはいけないという事。

他にも細かい点は沢山あるのですか、その辺どうクリアしていくか、
注目して頂ければと思います。
尚、初回のロードランナーはテストプレイもしてますが、白銀ももに寿命が届かず失敗でした…

というわけで早速マーケットでロードランナーを頂きます。

01_ロードランナー (1)

マーケットモンスターは説明不要だと思いますが、能力も技もデフォルトのカタログスペックです。

01_ロードランナー (2)

名前はファーストラン
最初の伝説の始まりです。

それでは次回から育成に入っていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です