デジモンストーリー サイバースルゥース プレイ日記11

By | 2015年6月30日

デジタルシフトした秋葉原の奥にいくと、そこにいたのはキモいオタクにストーカーされてたあの女の子だった。

2015-04-30-025839
巨大な筆を持って空中に一心不乱に漫画を描いているようだ。

2015-04-30-025849 2015-04-30-025859
名前は西野さん。アラタの知り合いのようだ。
しかし言動が少々おかしい。

2015-04-30-025905 2015-04-30-025912
どうやら西野さんは漫画家を目指しているのだが、フォーラムにアップしたオリジナルの漫画がパクり扱いをされ、やりきれない思いをしていた。
そこにデジモンプログラムに干渉されたのか、自ら手にしたのか、その力で自分の漫画を叩いた人間に復習していたらしい。

2015-04-30-025936
アラタが説得しようとするが、アラタも西野さんの漫画を否定してると勘違いされる。
そこに突如巨大なワイズモンが現れる。
やはりこいつが西野さんに憑りついてるデジモンの様だ。
倒すしかない。

しかし中々にやっぱり強い。

2015-04-30-030203
こいつはなぜかアンチパラライズで回復してくる。
まぁ普通のヒールなら回復量多すぎて倒せないからっていうバランス調整かもしれないが、それでも200程度は回復する。

2015-04-30-030632
そして結構な痛手を負うワイズモンの必殺技「パンドーラ・ダイアログ」
全体攻撃技というところも痛い点。
だが、やはり一撃でやられる攻撃が無いという一点で何とかなるのである。

2015-04-30-030044 2015-04-30-030641
リリモンの回復を切らさないようにしながら「エクスレイザー」でちょっとづつダメージを与えて、何とか撃破。

2015-04-30-030658
憑りついていたワイズモンは完全に消え去ったようだ。
私も絵を描く身なので、ああいう安易にパクりだ何度と言われる話はいかんともしがたい気持ちはあるんで、少々複雑な気持ちのイベントですな。

2015-04-30-030726
その時、突如見覚えある嫌な影が。

2015-04-30-030728
そう、この電脳空間でまだイーターを倒していないのだった。
不意打ちで西野さんが襲われてしまった。
早急に叩く!

2015-04-30-030748
しかしながら貫通攻撃を持たない面々で戦闘をしてる為、大分厳しい戦いになる。
一発で50にもダメージが届かない。
※実はシステムを把握し切れてなくて、控えデジモンと交換できることをまだ気付いてない

2015-04-30-030943 2015-04-30-030949
かなりの長期戦ではあったが、回復を絶やさないようにしながらなんとか削りきった。

2015-04-30-031011 2015-04-30-031035
無事、電脳世界も収束。
失踪していた人々も失踪中の記憶はなくなっていた物の、ちゃんと発見され保護されたらしい。

2015-04-30-031115
しかし、西野さんはEDEN症候群になってしまったらしい。

2015-04-30-031121
イーターに食われた人はEDEN症候群になる。
それが今回の事件で分かった事である。
西野さんを助けられず、何とも苦い思いが残る戦いだった。

 

秋葉原神隠し事件の後、事務所には新たな依頼が舞い込んできていたので、一つ一つ解決していくことにする。

2015-04-30-031825 2015-04-30-032320
イケメン(?)のスマホに住み着いて自撮り写真を保存しまくるリリモンとか、ボクシング協会のサーバーに入り込んでボクシング中継の回線を占有するガオモンなど。

2015-04-30-033207 2015-04-30-033358
そして最後に、喫茶店にいた同級生リョウタからアルバイトを探して欲しいとの依頼を受ける。
もう一人の同級生サクラへのプレゼントを買いたいようだ。
ま、リョウタはサクラに惚れてるんですな。

2015-04-30-033518 2015-04-30-033631 2015-04-30-033702
そんなわけで、中野ブロードウェイでアルバイトを紹介してくれる人を探してみる。

2015-04-30-033730
正直ロクなのが無い。
が、リョウタは心霊写真が楽でいいと。

2015-04-30-033749
そんな時にサクラがリョウタの元に現れる。
一応誕生日プレゼントらしいので内緒にしたいとのことで何とかごまかす。
実際リョウタよりサクラの方がここ最近おかしいのは事実である。

2015-04-30-033812
サクラを何とかごまかし、クライアントのところまできた二人。
話を聞くと、例の白い少年の写真を探しているらしい。
コンパロは遭遇したことがあるものの、そう都合よく出てくるものか……

2015-04-30-0341542015-04-30-034203
そんなわけでクーロンに来てみたものの、案の定見つからない。
結局でっちあげよっかという流れに。

2015-04-30-034229
その時、その二人の後ろに白い少年が現れたが、二人は気付かなかった。

2015-04-30-034300
で、でっちあげたものの酷い出来である。
そもそもコンパロも依頼主に会ってるんだからこんな返送もしてない写真無理でしょ。
結局、リョウタはもうちょっと粘ってみるとのことで、依頼は一旦終わりである。
リョウタとサクラの二人の関係にも今後ちょっと注目ですね。爆発しろ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です