12匹目 ジョーカー編 part4

By | 2015年10月22日

引き続き四大大会、ワールド・モンスターズです。

2015-10-09_03-09-32
紙装甲のプルゼンマンにとってこの大会も怖い相手が多いです。

2015-10-09_03-10-00
パラメータがかなりゼーランディアに近いですね。

2015-10-09_03-10-492015-10-09_03-11-06
しかし、ドラゴンは命中の低い技も多いので、上手くガッツを溜めて、ガッツ補正最大から一気に畳みかけKOまで持っていけます。

2015-10-09_03-11-48
ドルーガードは何故か相変わらずぐるぐるプレスを当ててきますが。

2015-10-09_03-12-25
M-1からこちらも火力が上がってますので、しっかりKOします。

2015-10-09_03-12-59
最後はシアラですが、回避型の相手はジョーカーのお得意とするところで、一番楽な相手です。

2015-10-09_03-13-50 2015-10-09_03-14-05
デスエナジー2発で難なくKO。
やはりデスエナジーはそれだけで四大大会を勝ち抜けるほど優秀な技です。

2015-10-09_03-19-26
さて、ここでようやく技の習得です。
寿命もかなり来てますので最終調整に向けての準備を進めています。

2015-10-09_03-20-14
ここでノラモン、お相手はフェニックスです。
ちょっと心配ですがうまくやれば勝てないことはない相手です。

2015-10-09_03-20-31
開幕デスエナジーもしっかり当てて行く。
相手もかしこさは高いのでダメージの伸びは悪いですが、滑り出しは好調です。
このまま攻めれば……

2015-10-09_03-20-51
えっ??

フレイム……ビーム……????

 

2015-10-09_03-24-47
なんて夢だったんだ!!

 

2015-10-09_03-25-25
見事フェニックスも倒して、ヨイワル度もヨイに傾き、最終調整へのトレーニング効率も上がります。

2015-10-09_03-26-52
習得したのは超必殺技、デスファイナル
ちから技ですが驚異の威力とガッツダウンを併せ持つ強力な技です。
ちから技ですが。

ちなみに有用性を考えるとかしこさが高い分、デスカッターのが使えるのですが、ワル度-50以上を保ってこれ以上トレーニングでサボりやおねだりされるのが耐えられないので、先に習得しておきました。
これでワル-20まではヨイワル度を上げられます。

そして四大大会も最後、グレイテスト-4です。

2015-10-09_03-41-05
未だ、というかきっと最後まで安心できないスペックですので、ここも気を抜けません。

2015-10-09_03-41-38
が、ゼーランディアに関してはやりようはあるので、やはりまだマシです。

2015-10-09_03-42-29
命中の低い技を撃たせて避けてから、一気にデスエナジーで沈めました。

2015-10-09_03-43-13
そしてカーマイン先生リベンジマッチ
パラメータも多少下位互換ではありますが、大分遜色ない形になりました。

2015-10-09_03-43-30
今回は開幕デスエナジーは譲りません。
スクショタイミングミスってますが239ダメージで半分以上一気に削っています。

2015-10-09_03-43-43
直後デスエナジーを撃ち返されますが、こちらは半分も削られません。

2015-10-09_03-44-08
次弾が来る前に再度デスエナジー
一気に止めを刺してKO。
リベンジを果たしました。

2015-10-09_03-44-43
最後はラブレス
堅いし油断すると一気に持ってかれる相手なので、プルゼンマンにはかなりの脅威です。
唯一ガッツダウンが効きやすいところだけが救いです。

2015-10-09_03-45-45
試しにデスファイナルを打ち込んでみました。
エフェクトは流石にかっこよさ。

2015-10-09_03-46-02
しかしながらプルゼンマンのちからではラブレスにはこの技の威力でも200にも届かないダメージでした。
ただガッツダウンは50近く持っていけますね。

2015-10-09_03-46-38
最後はデスエナジーでしっかり止めを刺します。

2015-10-09_03-47-14
無事四大大会もこれで全て制覇デス。

次に続きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です