13匹目 ロードランナーリベンジ編 part6

By | 2015年11月12日

さて、レジェンド杯です。

2015-10-11_18-58-46
今年は偶数年ですので、お相手はモスト
ファーストランが戦ったポリトカよりも強力です。

2015-10-11_18-59-33
が、命中をしっかり上げているので、大ダメージ技もしっかり当てられます。
ここでも使い込みを考慮してスカイファイアで決めて行きます。

2015-10-11_18-59-55
一発当てたところでみだれざくらを撃たせる。
当然失敗。この顔である。

2015-10-11_19-00-21
ギリギリまで撃ち込んでいく。

2015-10-11_19-00-36
見事KO!完全勝利を飾りました。

2015-10-11_19-03-06
そんなわけで殿堂入りです。
ポーズが完全に可愛さアピール。

2015-10-11_19-03-19
得意技しっぽクルクルでしたね。
やはりこの技だけで序盤を凌ぎ切っただけの事はありました。

2015-10-11_19-21-08
レジェンド杯の後、一応冒険などもいきつつ。

2015-10-11_19-26-31
先に言ってしまいますが最後の修行です。
(※結局寿命を計算した所、スカイファイアの方は使い込みが足りませんでした

2015-10-11_19-27-16
最後ともあってなんとフェニックスが出てきてくれました。
良い演出。

2015-10-11_19-27-40
オート戦ではお決まりの開幕砂アタック
これが案外敵の攻撃をしっかり防いでて強い。

2015-10-11_19-28-01
更に習得したてのメガ・ボールを早速お披露目。
圧倒的火力で一撃。
流石のロードランナーの技の中で最大ダメージを誇る技でした。

2015-10-11_19-29-20
そんな訳で、メガ・ボール習得です。
この技を運用できるよう、かしこさよりも命中を優先してあげていました。
自爆ダメージもそんなに大きくなく、当てればダメージもガッツダウンもごっそり与える大技です。

その後Sランク公式で大会育成も兼ねつつスカイファイアの使い込みをしていました。
まぁ間に合わないことは目に見えていたのですが。

2015-10-11_19-42-47
メガ・ボールも折角なのでぶっぱなしてます。
撃った瞬間ファンランも相手も吹っ飛ぶので何が起きてるかスクショじゃわかりませんねw
ちなみにこの時タイミングミスって取れませんでしたがダメージ872でガッツダウンも34と凄まじい威力を出してました。

2015-10-11_19-44-23
ゴライア相手でもガッツ補正最大ならこのダメージ。
かしこさが多少低くても技の威力で十分補ってくれています。

そんな訳で、寿命も来まして育成終了です。

2015-10-11_19-56-10 2015-10-11_19-56-26
再生方法:合体
種族:ロードマスタード(ロードランナー×スエゾー)

※ちなみに今回は比較用にファーストランの最終パラメータも載せておきます。

01_ロードランナー (145) 01_ロードランナー (146)

はい、それでは所感となります。

予想以上に強くなった、っていうのが第一の感想ですね。
若干の状況は違うにせよ、初回育成の想定でファーストランと同じ道筋を辿り、寿命も無駄に消費している部分もありますので、いってもファーストランから多少得意な能力が超える程度かなって思ってましたが、結果としてはファーストランの総計3362に対しファンランは総計3754と約400も超えました。

ただ、この点に関しては育成の無駄を多少無くし、変に生きながらえさせて白銀ももを取るよりも育成を優先したという、初回の反省点を踏まえて進めた結果というところが大きいと思います。

実際の所、ロードランナーは要求なしおねだり持ち種族でファンランは性格が初期-60、成長タイプも早熟ということを考えますと、少なくとも純血ロードランナーよりもトレーニング効率が落ちることは間違いないはずですからね。

更に小屋の改築が全て終わっている点は、モンスターのストレスが若干溜まりにくくなる効果もありますから、なんだかんだ状況を合わせたと言っても多少の環境とプレイヤースキルという点でファンランの方が有利だったという事だと思います。
同じくもう一度純血ロードランナーを育てていればもっと強くなっていると思います。

では、そもそもの結局のところ初回に育成するモンスターとしてはどちらが良かったかという話に戻ります。

今回育成した2種の差は以下の形になると思います。

純血
初期から技の使い込みを進められる為、技の習得が早く、序盤の大会が有利
性格ヨイ寄りなのでトレーニング効率が良い
冒険での稼ぎはあまり期待できない
最終的な技の火力はそこまで高くない

スエゾー派生
初期を貧弱なガッツダウン技で戦い抜く為、序盤の大会が不利
性格ワルの為、トレーニング効率が悪い
冒険での稼ぎがしやすい
最終的な技の火力が高い

結論としてはどっちもどっちという事でしょう。

最終的に稼いだ金額はロードマスタードの方が上でしたので、クリアだけを考えるのであれば、序盤を楽に進めるか、育成終了時の金額を重視するかという違いでしかないかと思います。
とこんな事言ってますが、正直マーケットからわざわざロードランナー種だけを選んでクリアまで育成するなんて人もそうそういないでしょうから大した参考にはなりませんねw

何はともあれ、ゲーム開始初期状態からの殿堂入りを目指す形の育成がどちらも成功して何よりでした。

さて、次回はせっかく特別枠で再生したホッパーを育成していきます。

それではまた次回の育成で。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です