ミルク色の午後

By | 2015年3月9日

ミルク色の午後 piapro

ふわりと漂うオレンジ色
ゆるり進む時間に誘われたら
いつものこの場所頬杖して
ガラス越しに雨音耳済ませる

明日の天気はわからないけど
こうして過ごす日も悪くないかな

コーヒーの香りと白いクリームを並べて
lalala さらさらと流れる粒を暖かく包もう
lalala 優しく揺れる湯気そっとマドラーでかき混ぜ
lalala ミルク色の午後をなぞって君に会いに行こう
なんてね

夢の心地を残したまま
晴れた空に「またね」と歩きだそう

デモ曲を聴いて即イメージ固まり、1時間ほどで書き上げました。
時間にクオリティは比例しない、良い曲には良い歌詞が乗るってやつです。

当時、会社の昼休みをほぼ毎日喫茶店の窓際の席にノートPC持ち込んで、
コーヒー飲みながら歌詞書いていまして、まぁコンセプトと趣味がド嵌りですね。

最後の「晴れた空に「またね」」
雨が上がって喫茶店の外に出たら空は晴れ。
でも言った言葉は「またね」。
つまり、去って行った雨雲に「またね」って言ってます。

雨の日に雨音に耳を傾けながら喫茶店で飲むコーヒーも悪くない、
そんな歌詞でした。

最近知りましたが、作曲のgomachan_7さんは「TT-Style」というサークルで同人活動を行い、
イベントにも参加しているようですよ。
よろしかったら立ち寄ってみては。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です