記事の並び替え:

Monthly Archives: 3月 2015

4匹目 かしこさアローヘッド編 part6

はい、それではまとめに入ります。

4匹目、かしこさアローヘッド編、まずは育成完了です。

かしこさアローヘッド (75)
かしこさアローヘッド (76)
再生方法:合体
種族:マスタードアロー(アローヘッド×スエゾー)

さて、今回の育成の感想ですが、
パラメータは予想以上に高くなったと思っています。
この辺はやはり早熟とはいえ長寿モンスターの良いところでしょう。

ただ、大きい反省点がやはりです。
技の習得条件をろくに確認しない所為で大きな失敗を2回しています。

かしこさ特化にちから技が多くあるのは、自前で操作する分には大して影響はありませんが、
今回のラストにはオートバトルの大会を見据えていますので、
恐らくそのオートバトルでちから技を暴発し、
ガッツを消費してしまい負けるなんてことが往々にあることでしょう。
そういった意味ではこの出来上がりは失敗と言わざるを得ません。

ちゃんと事前に技の習得条件を確認し、どのタイミングでどの技を覚えるべきか、
育成スケジュールはしっかり立てなくてはいけませんね。
今回は長寿だったから良い物の、短命な種族でこれをやったら致命的になりかねませんからね。

新たな反省点が見えた育成でした。

次の育成でその反省を活かして、早熟モンスターに挑戦していきます。
それでは、また次の育成にて。

4匹目 かしこさアローヘッド編 part5

かしこさアローヘッド (52)
6歳になりました。
ちから以外のバランスは上々。
寿命もまだあるのでもうちょっと伸びそうです。

かしこさアローヘッド (53)
最後のかしこさ技を覚えに行きます……が、嫌な予感がしていました。

かしこさアローヘッド (54)
大 旋 風

予感的中。
大旋風はちから技ですが、習得条件に命中も入っているので、
ハーミットは命中だけで条件をクリアしてしまっています。
今回は技習得の計画がボロボロですね。

気を取り直してレジェンドカップ

かしこさアローヘッド (55)
今回は偶数年なのでモストです。

かしこさアローヘッド (56)
モストはガッツ回復が早いのでガッツロックが効きません。
地道に3連ニードルで削っていきます。

かしこさアローヘッド (57)
トドメ!

かしこさアローヘッド (58)
っと思いましたがわずかに足りませんでした。
まぁモストは根性持ちなのでライフを0にしても起き上がったかもしれませんが。

かしこさアローヘッド (59)
何はともあれこれにて殿堂入り。
かしこさ型アローヘッドなんて育てたことありませんでしたが、ここまでこれて一安心です。

かしこさアローヘッド (60)
得意技はガッツロックで活躍した怪光弾
名前の元ネタガンダムアシュタロン・ハーミットクラブよろしく、ビームを撃ってるような様がマッチします。

さて、シルバー杯です。

かしこさアローヘッド (62)
ここまでくれば消化試合みたいなものですが。

かしこさアローヘッド (63)
まさかガドックは消化試合もさせてくれないだと……

かしこさアローヘッド (64)
白銀ももを食べてシルバー杯、

かしこさアローヘッド (65)
今一度必殺技の習得に行きます。

かしこさアローヘッド (66)
ここでSランクノラモン、フェニックスと遭遇。

かしこさアローヘッド (67)
うわああああああああああああああ
ああああああああああああああああ
ああああああああああああああああ

かしこさアローヘッド (68)
瀕死。
いや、耐えただけマシでしょう。

かしこさアローヘッド (69)
上手くニードルを当ててギリギリの勝利。
見ていてハラハラしました。

かしこさアローヘッド (70)
最後のかしこさ技、ファイナルボムです。
唯一の高威力な技ですね。
しかしながらかしこさ型なのにちから技覚え過ぎです……

残りは寿命まで大会にでて、大会後成長でパラメータを上げていきます。

かしこさアローヘッド (74)
7歳です。
まだ寿命は先の様です。

かしこさアローヘッド (73)
ちょっとお試しでファイナルボムの威力を検証。
大体ほぼ一撃KOに持っていけます。
この技でSランクと四大大会を荒らし回っています。

7歳6ヶ月で寿命を迎えました。

ということで次でまとめになります。

4匹目 かしこさアローヘッド編 part4

改めてウィナーズ杯

かしこさアローヘッド (35)
ハーミットブリガンディにも劣らない能力。

かしこさアローヘッド (36)
怪光弾でしっかりガッツロックを掛けていきます。

かしこさアローヘッド (37)
最後はニードルで削って勝利。
怪光弾ガッツロック→ニードルのコンボが常勝パターンになってきました。

かしこさアローヘッド (38)
大会後、改めて技を覚えに行きます。

かしこさアローヘッド (39)
今度こそ3連ニードルです。
そこそこの威力と高い命中精度を持つ使い勝手のいい技です。
今後の主力技になります。

かしこさアローヘッド (40)
四大大会も3つめ、ワールド・モンスターズです。

かしこさアローヘッド (41)
ゼーランディアはガッツロックに入れば勝ち確定です。
試しに3連ニードルの威力を検証。
ガッツ補正なしでもそこそこ威力が出て、ガッツダウンも入るのでやはり良い性能です。

かしこさアローヘッド (42)
ここで鬼門のシアラ
ガッツ回復が早いのでガッツロックも効きませんし、回避率が高いので怪光弾が当たるかも怪しいです。

かしこさアローヘッド (43)
案の定怪光弾は避けられましたが、こちらも相手のビッグバンを避ける。
こうなれば後は3連ニードルに全てを託すのみ!

かしこさアローヘッド (44)
やっぱり命中技を主軸に置いてるだけあって、回避型相手でもしっかり当ててKOに持っていけました。

かしこさアローヘッド (45)
大会後、更に修行で技を覚えます。

かしこさアローヘッド (46)
ここでAランクノラモン、ジュラスと遭遇。
まぁ、パラメータの差がかなりありますし負けることはないでしょう。

かしこさアローヘッド (47)
ロールアタックを食らいましたがこの程度のダメージ。
勝負はほぼハーミットがかしこさ技をしっかり撃ってくれるかどうかだけでした。
時間はかかりましたが勝ちました。

かしこさアローヘッド (48)
怪光連弾を習得。
威力とガッツダウンが上がった怪光弾です。
ガッツ消費もさほど大きくないですし、使えるのではないでしょうか。

ということでグレイテスト-4です。

かしこさアローヘッド (49)
ゼーランディア相手に怪光連弾を試し撃ち。
エフェクトはかっこいい。

かしこさアローヘッド (50)
スクショのタイミングミスりましたが163ダメージでました。
結構良い威力なのでは?

かしこさアローヘッド (51)
最後は根性で立ち上がったゼーランディアをハサミで寝かせました。
しかし、怪光連弾はどうにもモーションが長くてガッツロックがし辛いです。
素直に怪光弾撃っていた方が安定する気がします。

次に続きます。

4匹目 かしこさアローヘッド編 part3

かしこさアローヘッド (18)
2歳です。
早めに覚えておかなければいけない技もないので、
成長第4段階ですがここからトレーニング漬けに入ります。

かしこさアローヘッド (19)
3歳です。
寿命が長い種族なので延命処置もいりませんし、ピーク時は冒険は行かずにトレーニングしています。

ここでやらかし発生。
ピークを1年過ぎて黄金ももをあげ忘れたまま3ヶ月ほど気付かずにトレーニングしていました。
既にセーブ済みで取り返しがつきません。

定期的にセーブを分ける癖を付けておかないと、そのうち大失敗をやらかしそうです。
今後注意していきましょう。

かしこさアローヘッド (20)
4歳です。
やはり早熟はピークが短いので、思ったよりも伸びないですね。(桃忘れてたのもあるけど……)
四大大会になんとか行ける程度でしょうか。

ですが、早熟はピークが短い代わりに、第5、第6段階は非常に長いので、まだまだ伸ばしていきます。

かしこさアローヘッド (21)
5歳です。
かなりいい感じのパラメータになってきました。
ここからは大会ラッシュに入りつつ、大会後成長で更に伸ばしていきます。

かしこさアローヘッド (22)
Sランク公式戦です。

かしこさアローヘッド (23)
能力的には余裕ですが、技は未だニードル怪光弾しかありません。
ちゃんと押し切れるでしょうか。

かしこさアローヘッド (24)
と、心配することもなく安定した命中率の怪光弾でガッツロックが綺麗に決まります。
封殺余裕。

かしこさアローヘッド (25)
回避もそこそこ上げたので相手の下手なガッツダウン技はある程度避けてくれます。
非常に安定した戦いで優勝しました。

そして四大大会にも突入。

かしこさアローヘッド (26)
まずはM-1グランプリ

かしこさアローヘッド (27)
ドルーガードさんは完璧と言っていいほどにガッツロックが決まります。
もはや何の脅威も感じません。

かしこさアローヘッド (29)
では、ガッツ回復速度が速いルージュさんはと言いますと……

かしこさアローヘッド (30)
かしこさと丈夫さの高さが相まって、ドレイン2発を受けても全然余裕で耐えています。
(上画像の時点で2発受け済み)

その間にガッツを溜めて、ニードル連発で余裕のKOでした。
もはや四大大会も苦戦することはなさそうな強さです。

かしこさアローヘッド (31)
この辺りで修行にも出します。

かしこさアローヘッド (32)
ここでスピナーと遭遇。
しかしパラメータは完全にこちらが格上。

かしこさアローヘッド (33)
ファイナルボムという大技を受けましたがダメージ98
もはやかしこさ技は通用しない。
あっさり勝ちました。

かしこさアローヘッド (34)
というわけで3連ニー……ん?
 
地雷針ですね。。。

そうです、やらかしです。
この地雷針、実はちから技にも関わらず、習得条件がかしこさと命中なんですね。

つまり見事に習得条件をクリアしていますので、優先度的に確実に覚えてしまいます。

早めに技を覚える必要が無いとか言っていた人は誰ですかね……

この時点で嫌な予感がひしひししつつ、次に続きます。

4匹目 かしこさアローヘッド編 part2

かしこさアローヘッド (5)
いつも通り、真っ先に技習得。

かしこさアローヘッド (6)
怪光弾
威力は低いですが、命中とガッツダウンが安定した技です。

かしこさアローヘッド (7)
更に技習得。

かしこさアローヘッド (8)
ニードル
序盤攻撃の要になる技です。

怪光弾ニードルは両方使い込み技なので、大会で使い込みます。

かしこさアローヘッド (9)
いつも通り6月4週でDランク公式戦

かしこさアローヘッド (10)
パラメータは大して伸びてるわけではないので、少し苦戦しそうです。

かしこさアローヘッド (11)
怪光弾が当たればガッツロックもできますが、意外と避けられて安定しないので、結局ニードルでごり押しする形になりました。
使い込みは怪光弾:7回、ニードル:29回でした。

かしこさアローヘッド (12)
1歳です。
ほぼ冒険に向けたトレーニングをしています。
成長段階はまだ第3段階ですが、覚える技がまだないのでトレーニングに集中しています。

かしこさアローヘッド (13)
早い段階のトレーニング漬けのおかげでもう黄金ももが取れました。
早熟で序盤に黄金ももが取れると安心感があります。

かしこさアローヘッド (14)
1歳9ヶ月でBランク公式戦に出ました。

かしこさアローヘッド (15)
命中がかなり上がっているので、怪光弾でのガッツロックが決まるようになりました。
(※能力スクショは取り忘れ

かしこさアローヘッド (16)
負け数を調整して……というわけでなく、普通に負けて再戦発生しました。
グールシャインは避けるし、ガッツ回復早いのでガッツロックも効かず、最も厳しい相手でした。
なんとか勝って優勝です。

かしこさアローヘッド (17)
トーレス山脈での冒険で金のかたまり3つも取りました。
かしこさ型は冒険が楽で助かります。
一回の冒険で19500Gも稼げました。

次に続きます。

4匹目 かしこさアローヘッド編 part1

はい、MF2円盤石・石版再生縛りプレイ日記。
今回は4匹目、かしこさアローヘッドを育成していきます。

縛り上、かしこさ型で育成するならモンスターは一択です。

マスタードアロー
Subスエゾーのマスタードアローです。
平均化された適正と早熟、純血種より20週少ない寿命など、厳しい面が多く見られますが、かしこさ技自体は然程多くないので、そこまで影響はないかと思います。

それでは早速合体です。

かしこさアローヘッド (1)
隠し味は前回のホワイトタイガーが取ったヘンガーのかけらしゃてきを得意にします。

かしこさアローヘッド (2)
一発成功。
ロードが無いのは良いことです。

かしこさアローヘッド (3)
かしこさアローヘッド (4)
パラメータはカタログスペックです。
名前は「ハーミットアロー」。
由来は「ガンダムアシュタロン・ハーミットクラブ」からです。
ハサミからビームをピチュンピチュンと出してくれることを期待しています。

それでは、次から育成を開始します。

3匹目 ちからアローヘッド編 part5

シルバー杯です。

ちからアローヘッド (62)
ガドックが勝ち上がってきました。

ちからアローヘッド (64)
一思いに決めてやります。
スクショのタイミングミスりましたがダメージカンストです。

ちからアローヘッド (65)
白銀ももを食べて、シルバー杯、

ちからアローヘッド (66)
性格がワルになったので、砂漠の修行です。

ちからアローヘッド (67)
じごく車です。
当たればKOってぐらいの高威力を誇る技です。

ちからアローヘッド (68)
最後の修行です。

ちからアローヘッド (69)
ストロードレインです。
珍しいライフドレイン技です。
当てるのは難しいですが、ピンチの時に一発逆転を狙える技です。

 

7歳になりました。
まだ寿命はあるのですが、成長も第8段階に入り、次のモンスターにバトンタッチするにも
ちょうどいいタイミングですので、ここで育成完了とします。

最後まで育てるべきだったかなーと後々ちょっと後悔しました。
でも週送りでまた3月1週に戻すのめんどいんですよね……w

というわけで、最終ステータスです。

ちからアローヘッド (70)
ちからアローヘッド (71)
再生方法:合体
種族:プロテクトアロー(アローヘッド × デュラハン)

さて、では今回の所感です。

パラメータもかなり高くなり、覚える予定だった技も全て覚えられました。
成果としては概ね上々かと思います。

ただ、ほとんどかしこさ、回避捨てみたいなパラメータになってしまったのは少し残念です。
パラメータを偏らせると強くなるのは確かなのですが、例えばガッツダウンに弱いだったり、回避特化は命中技に弱いなど、どこかに弱点が出てしまいますので、そういった面では頂けないです。
丈夫さは無駄に早い段階でカンストしてしまいましたし、その分を回避に回してもうちょっと上げても良かった気がします。

今後はそういったバランスも意識することが大事かと思いました。

さて、次のモンスターですが、まぁ‘ちから’アローヘッドって書いている時点で分かり易かったもしれませんが、かしこさアローヘッドを育てます。

あまり見ない型だと思いますので、あえて挑戦してみたいと思います。

その時は、今回の反省点を活かして、バランスにも気を使って育てていきたいですね。

それでは、次回の育成で。

3匹目 ちからアローヘッド編 part4

四大大会を進めていきます。

まずはM-1グランプリ

ちからアローヘッド (44)
安定のサンドバッグ、ドルーガードさん。

ちからアローヘッド (45)
とはいえテイルアタックのクリティカルが発生し過ぎて4発で沈む。
いっそ根性を発動してくれれば……

ちからアローヘッド (46)
ギブアップ再戦も使って、使い込み35回です。

ちからアローヘッド (47)
今回寿命が長いので、ピーク時は冒険なしでトレーニングに集中していましたが、流石にお金も無くなってきましたので、金策で冒険に出しています。

続いてウィナーズ杯

ちからアローヘッド (48)
ブリガンディのパラメータはバランス良くで見習いたいですね。
この縛りでは厳しいですが。

この大会はあまり使い込みをさせて貰えず、9回使い、計44回です。
次で使い込みが終わりそうです。

ワールド・モンスターズ杯です。

ちからアローヘッド (49)
ゼーランディアさんには耐えてくれることを期待したいのですが……

ちからアローヘッド (51)
が、ダメ。根性発動もしてくれません。
ですが、この大会でテイルアタックの使い込みもなんとか完了しました。

火山修行でテイルアタックの上位技を覚えに行きます。
何回か間違えて雪山に行っていました。
テイルアタッククリティカル技ですが、上位技は必殺技なのでした。

ちからアローヘッド (52)
この修行で丈夫さレベルカンストしました。
※MF2は能力上昇は50刻みなので、950以上は上げても変わりません

ちからアローヘッド (53)
Wテイルアタックです。
アローヘッド種の技の中でも屈指の性能を誇る技です。

グレイテスト-4で強者を相手にWテイルアタックの試し撃ちです。

ちからアローヘッド (54)
ゼーランディアにガッツ補正をかけた最大火力をぶち込んでみる。
見事にカンストダメージ。

ちからアローヘッド (55)
更に高耐久を誇るラブレスも一撃。
どれだけ優秀な技か一目瞭然でした。

ちからアローヘッド (56)
6歳です。
引退勧告もありませんし、寿命は全然問題ないでしょう。

寿命も余裕があるようなので、ここからとある技の習得の為にワルに性格を調整します。

その前に技を一つ習得。

ちからアローヘッド (57)
クローです。
分かり易い大ダメージ技ですね。

ここでレジェンド杯です。

ちからアローヘッド (58)
今回は奇数年ですのでポリトカです。
ガッツダウンに注意です。

ちからアローヘッド (59)
やられる前にやれと言った形にWテイルアタックを打ち込み一発KOでした。
モストでも余裕で勝てたかもですね。

ちからアローヘッド (60)
というわけで殿堂入り。
アローヘッド種のこの殿堂入りポーズはお馴染みですね。

ちからアローヘッド (61)
得意技テイルアタックでした。
大概優秀なWテイルアタックを覚える為に、テイルアタックを使い込むので、このポーズになりやすいアローヘッドでした。

次に続きます。

3匹目 ちからアローヘッド編 part3

ちからアローヘッド (26)
冒険でヘンガーのかけらを手に入れました。

しゃてきのトレーニングが得意になります。
命中は重トレがないので、軽トレのしゃてきの上昇率を上げられるのは重宝します。

ちからアローヘッド (25)
2歳です。

ちからアローヘッド (27)
黄金ももを手に入れました。
あげるタイミングは次の誕生日です。
間に合った感じです。

ちからアローヘッド (28)
3歳です。
黄金ももを食べさせ、再度ピークでひたすらトレーニングです。

ちからアローヘッド (29)
4歳です。
四大大会でも戦えそうな能力になってきました。

ちからアローヘッド (30)
準ピークを過ぎたので、また修行で技を習得していきます。

ちからアローヘッド (31)
テイルアタックです。
優秀な技ですが、この上位技が更に強力です。

ちからアローヘッド (32)
次に命中技の習得です。

ちからアローヘッド (33)
地雷針です。
かなりの命中精度を持つ技です。
耐久の無い回避型などはこれで開幕KOに持っていけます。

ちからアローヘッド (34)
今度は火山で必殺技習得。

ちからアローヘッド (35)
そこでパニッシャーに会いました。

ちからアローヘッド (36)
パニッシャーの攻撃を5発受けてもしっかり耐える頑丈さ。
安定して勝ってくれました。
ただ、回避が無さすぎるので、ガッツダウン技が怖いですね。

ちからアローヘッド (37)
大旋風です。
ガッツ消費の高さの割には威力が低いですが、高いガッツダウン性能も持つので、バランスはいい技です。

ここでホワイトタイガーの合体で使ってしまったもろはの剣を再度貰いに、インビテーションマッチに出場します。

ちからアローヘッド (38)
相手のレオさんですが、テイルアタック一発で一瞬にしてKOしてしまい、
スクショの一つも撮るまがありませんでした……
まぁこれでもろはの剣再取得です。

ちからアローヘッド (39)
5歳です。
殿堂入りもいけるでしょう。

ここから大会を進めていきます。

ちからアローヘッド (40)
まずはSランク公式戦

ちからアローヘッド (41)
テイルアタックの使い込みを見越し、避けてくれることを祈って
命中を一段階上がる手前で止めています。

ちからアローヘッド (42)
当たると2発で簡単に倒してしまいます。
しかもクリティカル率が高いので、当たると一発ってことも……

ちからアローヘッド (43)
負け数も調整して再戦も発生させました。
使い込み23回です。
目標50回ですので、これなら四大大会中に間に合いそうです。

次に続きます。

3匹目 ちからアローヘッド編 part2

育成開始。
まずはスタープルーンを与えてすぐ修行に出します。

ちからアローヘッド (6)
技を中々覚えないし、覚えたら覚えたで怪我してくるしで、
20回ほどロードさせられました。

ちからアローヘッド (7)
なんとかニードル習得です。
使いませんが。

ちからアローヘッド (8)
1ヶ月後、再度修行。
大ダメージ技の習得です。

ちからアローヘッド (9)
ニードルターン
こちらも20回ほどロードさせられました。
さほど強い技ではないんですが覚えにくいんですかね。

ちからアローヘッド (10)
3ヶ月経過の6月4週でDランク公式戦です。
今回覚える技が多いので、序盤は早めに回していきます。

ちからアローヘッド (11)
ヘイルフォールとのアローヘッド対決。

ちからアローヘッド (12)
カニと殴りあうMF2。
パンチの使い込みをしています。ノルマは30回

ちからアローヘッド (13)
スリートボムが強敵でした。
予想以上に避けるし。
無事使い込みも終えて優勝。

ちからアローヘッド (14)
大会後、冒険に向けてかしこさを上げつつ、使い込み技の習得です。

ちからアローヘッド (15)
ズームパンチ
そこそこの威力に高い命中。
高性能なアローヘッド種の主力技です。

ちからアローヘッド (16)
成長タイプ持続なので序盤の成長段階の進みが早く、
既に第三段階まで来ていますが、更に技を覚えていきます。

ちからアローヘッド (17)
性能いまいちなジャンプハンマーです。
アローヘッド種の技は後半に覚える技に優秀なのが多いので、今のうちに初期で覚えられる技はある程度覚えていきたいです。

ちからアローヘッド (18)
1歳です。
人気の管理を忘れていて、トーレス山脈の冒険をスルーしてしまいました。
こういうミスが無い様に成長の第四段階の間にBランクの公式戦にも勝っておく予定で進めていきます。

ちからアローヘッド (19)
以前ファームに植えた謎の種から生えた木が動き始めました。

ちからアローヘッド (20)
そして次の週には枯れてしまいます。
これでこのイベントは完了でしたね。

後々このイベントのモンスターを解放します。

さて、10月のパレパレジャングルの冒険ですが……

ちからアローヘッド (21)
実は少しやらかしていました。
このタイミングで黄金ももを取る為にかしこさを200以上にしていたのですが、実は黄金ももの取得条件は性格が絡んでいて、「ヨイ:かしこさ200以上 ワル:かしこさ250以上」なんですね。
そして、ホワイトタイガーは現在ワルです。

必要なかしこさは250以上。
黄金ももの取得ができないんですね。

まだ成長も第四段階ですし、成長タイプ持続ですので、
来年の取得でもピーク終了までに間に合うと思うので、
そこまで大きな影響はないでしょうが、ちょっと失敗でした。

ちからアローヘッド (22)
Bランク公式戦です。
パラメータ的には厳しいですが、ズームパンチの性能が良いので、
ズームパンチを主軸に戦えば苦戦しません。

ちからアローヘッド (23)
ガッツ消費19、命中Aのこの技を3発当てれば大抵の相手をKOにできると言えば、どれ程優秀かわかります。

ちからアローヘッド (24)
ガッツダウン貰ったり、避けられすぎて負けたりもしますが、ロードなしの一発クリアでした。

次に続きます。