記事の並び替え:

Monthly Archives: 3月 2015

3匹目 ちからアローヘッド編 part1

MF2円盤石・石版再生縛りプレイ日記。
今回は3匹目の育成になります。

前回のヒノトリ編で解放アイテムも沢山集まり、
育成可能モンスターが大幅に増えましたので、
今回育成するモンスターは非常に悩みました。

で、今回育成することに決めたモンスターというと

アローヘッド派生種

でございます。

というのも、前回までの2匹のロードランナヒノトリ
どちらも純血種
まだ派生種を一匹も育てていないという事で、
派生種の育成、且つ、前回沢山失敗してることもありまして、
育成難易度の低いモンスターということでアローヘッドを選びました。
ついでに言うと、アローヘッド私の好きな種族の一つです。

では、まずは純血アローヘッドのスペックを見てみましょう。

アローヘッド
純血種は言うなればデュラハンの下位互換の様なイメージです。
更に初期値も特に命中が致命的に低く、純血種を育てるのはかなり厳しい育成になります。

ですが、それだからこその派生種の育成です。

今回の縛りで使用できるアローヘッドの派生種は以下の2種のみ。

・デュラハン
・スエゾー

今回はちから型で行こうと思うのでデュラハン種のプロテクトアローを育成しようと思います。

プロテクトアロー
プロテクトアロー
は純血種と適正は変わりませんが、初期値が高くなっており、成長タイプも持続。
ドミノ倒しが得意な点も良いところでしょう。
(※プロテクトアローは某MF2動画の方が育成していて避けたかったのですが、ちょっと理由がありまして敢えて育成することにしています)

ちなみにアローヘッド種の技性能はそこそこ優秀な部類に入ります。
故に、パラメータをしっかり上げられればかなりの強さにもなり得ます。

それではまずは合体です。


ちからアローヘッド (1)
最初はデュラハンの解放です。

ちからアローヘッド (2)
解放完了。

ちからアローヘッド (3)
次に目的のプロテクトアローの合体です。
今回は冒険対策でピクシーのかけらを隠し味に使い、かしこさの初期値を+50しています。

ちからアローヘッド (4)
合体完了。
パラメータはかしこさが+50されている以外カタログスペックです。

ちからアローヘッド (5)
技もバランス技のみ。

尚名前はエビの種類「ブラックタイガー」から、プロテクトアローは白いので。

それでは次回から、育成を開始していきましょう。

2匹目 ヒノトリ編 part8

さて、大会も終わり、技の習得も完了しまして。
ここからは当初の目的であったモンスター解放条件クリアの残りを終わらせます。

まずは雪山修行。
もう覚える技もないので勿体ないのですが、その点については後述で。

ヒノトリ (106)
出るまで粘りました。
ジールのノラモン、ビッグハンドです。
Sランクノラモンなので強力ですが、同じSランクのフェニックスさえ手玉にした
ソリレスなら負けることなどないでしょう。

ヒノトリ (107)
開幕フレイムビーム

ヒノトリ (108)
これは酷い……

ヒノトリ (109)
ジールの解放アイテム、大きな長靴をゲットです。

続いて砂漠の修行。

ヒノトリ (110)
修行中は何もありませんが、ソリレスヤリを拾って来ます。

ヒノトリ (111)
次の週、ファームに襲来者が!

ヒノトリ (112)
ケンタウロスの登場です。

ヒノトリ (113)
炎タイフーン

ヒノトリ (114)
慈悲は無いのか……

ヒノトリ (115)
これでケンタウロスの解放アイテム、ヤリを手に入れました。

ヒノトリ (116)
この後、趣味レベルに連続くちばしでも覚えてこようかと思ったのですが、
寿命が来てしまいました。

そんな訳でパラメータ調整して終わりです。

ヒノトリ (118)
ヒノトリ (119)
再生方法:合体
種族:純血ヒノトリ

はい、これにて2匹目ヒノトリ編終了です。

所感としては、正直なるようになったとしか言い様がありません。
想定では丈夫さも回避と同等レベルまで上げるつもりでしたが届きませんでした。

その原因となる反省点ですが、今回はかなりあります

まず第一が、ビタミンもどき嫌い
これの影響は非常に大きかったです。
最初の頃にも書きましたが、ビタミンもどき嫌いだとストレスの減少効果が低く、
油草育成で寿命を減らさない為に、2ヶ月に1回、重トレを軽トレに変更する必要性がありました。
これをちょっと軽く考えていたのですが、ただでさえ晩成でピークが長い種族です。
これによって本来伸びるはずだったのに犠牲にしたパラメータは結構なものだったと思います。
やはり育成を始める前に気付くべきでした

次に、ほぼ全体に言えることですが見通しが甘すぎです。
大会日程を間違える、桃を取るタイミングを見誤るなど、他にも余計だったA公式戦などなど。
この辺をスムーズにクリアしていたら、パラメータは相当伸びていたし、
趣味で命中技の連続くちばしを覚えに行っても余裕があったでしょう。

更には当初の予定だったイベント回収の内、最後のジール、ケンタウロス。
このクリティカルと大ダメージ技の修行地を行く必要を考えると、
炎タイフーン、フレイムビームは最後の習得に回しても良かったです。
先にとってメリットがあるものでもなかったですし。

総合すると、ヒノトリのポテンシャルに甘え過ぎて、何の計画もなく行き当たりばったりに育成し過ぎました。
ですがまぁ、それでもある程度ヒノトリらしい能力までは持って行けましたし、
目標もクリアはしています。

結果的には無駄に強くない分、後の育成モンスター大会でも、
他のモンスターといい勝負ができるということで納得しましょう。

ただ、今回の反省はちゃんと後に活かしていかなければいけませんね。
これからはもっと育成が難しいモンスターも出てくるでしょうからね。

それでは、また次の育成で。

2匹目 ヒノトリ編 part7

四大大会最後、グレイテスト-4です。

ヒノトリ (85)
唯一負けたゼーランディアさんもいますが。

ヒノトリ (86)
もうふみつけには当たりません。
当たらなければどうということもない。

ヒノトリ (87)
そして組長。

ヒノトリ (88)
ガッツを溜めて、ガッツ補正かかったファイアリバーで一撃KO。
あの高耐久のラブレス組長を一発で倒せるとは思いませんでした。
さすがソリレス

ヒノトリ (89)
6歳です。まだ準ピークなので伸びます。

そして遂にソリレスもレジェンド杯です。

ヒノトリ (90)
今年は偶数なので、お相手はモスト
IMa最強と言われるモンスターです。

ヒノトリ (91)
開幕モッチー砲を貰いますが、かしこさ技には強いソリレスくん。
しっかり耐えます。

ヒノトリ (92)
そしてガッツ補正のファイアリバー

ヒノトリ (93)
クリティカルも入りダメージ955!
一撃KOです。

というわけで殿堂入り。

ヒノトリ (95)
荒ぶる鷹のポーズ!

ヒノトリ (96)
ってな感じに得意技はファイアリバーでした。

殿堂入りもしたらすぐにシルバー杯です。

ヒノトリ (97)
もうここからはお決まりになります。

ヒノトリ (98)
開幕ぶっぱ。

ヒノトリ (99)
開幕ぶっぱ。

ヒノトリ (100)
ももを食べる。シルバー杯、完!

ヒノトリ (101)
シルバー杯も終わりましたので、修行で技を覚えに行きます。

ヒノトリ (102)
ここでなんとノラモンのフェニックス登場!
良い演出です!

ヒノトリ (103)
しかしパラメータはもうこちらが完全に格上。
容赦なく炎タイフーンを放つソリレス

ヒノトリ (104)
何の苦も無く倒してしまいました。

ヒノトリ (105)
そんな訳で、ファイアリバーの上位技、ヒノトリ最強技のファイアウェーブです。
かなり高水準な技です。
諸いモンスター相手なら開幕この技でKOに持っていける強力な技です。

次で育成最後になります。

2匹目 ヒノトリ編 part6

Sランク公式戦後、トーレス山脈の冒険に出ました。

ヒノトリ (64)
ここで大きな足跡を見つけました。
これで、雪山の修行にてジールのノラモンが出現するようになります。
そいつを倒せばジールの解放アイテムが手に入ります。

ヒノトリ (65)
4歳です。
回避と命中を重点的に上げています。

カウレア火山の冒険。

ヒノトリ (67)
ジョーカーのマスクを手に入れました。
ジョーカーのマスクの取得条件はかしこさじゃなく、命中300以上が必要な点、注意です。

ヒノトリ (68)
帰ってきて、おっさんがマスクに乗っ取られるイベントを見れば、
ジョーカーの解放条件クリアです。

ヒノトリ (70)
ここで遅いですが黄金ももを手に入れました。
実はピークから1年を2ヶ月過ぎてしまいました。すぐに食べさせます。

一応ロードランナーで2つ取った黄金ももが1つ残っていたのですが、
それを使ったら負けだって気分になったのでソリレスに自力で取って貰いました。
そんな訳でこのタイミングで正式に黄金もも・白銀ももの引き継ぎが禁止になりました。

ヒノトリ (71)
ピーク途中ですが、M-1にでます。

ヒノトリ (72)
パラメータは耐久に難があるものの、十分戦えます。

ヒノトリ (73)
四大大会のサンドバッグ、ドルーガードさんも1回は確実に耐えてくれて助かります。
しかし、90%のファイアリバーを2回も避けるのは予想外でした。
今回は回避低い相手に程避けられるという不思議な事が起きてますね。

ちなみに、M-1の開催日は5月2週。
モンスターを順当に育成すれば、この大会に出場するちょうどいいタイミングが
5歳2ヶ月になります。
つまり、今後のモンスターは大体5歳2ヶ月頃、長寿なら6歳2ヶ月頃に
このM-1に出られるよう調整していくのが基本となります。

ヒノトリ (66)
さて、小屋の建て替え最後のイベントが来ました。

ヒノトリ (74)
ここで隠しモンスターバジャールの姿が。

ヒノトリ (76)
ビントのおじさんに問い詰め、恐喝し、
平和的にバジャールの解放アイテム、魔法つぼを貰いました。
これはいいものだ。

ウィナーズ杯です。

ヒノトリ (77)
耐久があんまりないので、命中の高い相手は怖いです。

ヒノトリ (78)
そのトップがカーマイン先生
回避型キラーの先生には「やられる前にやれ」が基本です。

ヒノトリ (79)
基本に忠実なソリレス君。開幕ファイアリバー
見事優勝。そしてファイアリバーの使い込みも終わりました。

更に大会ラッシュでワールドモンスターズです。

ヒノトリ (80)
もうだいぶ強くなってきてますし、ここまで来れば負けないでしょう。

ヒノトリ (81)
負けた。
まさかふみつけ(19%)が当たって一発KOとは……
耐久をどうにかしなければ……

ヒノトリ (82)
何とか再戦に持ち込んで、相手はシアラ

ヒノトリ (83)
当てて一発KO。優勝です。

ヒノトリ (84)
5歳のパラメータを撮り忘れていたので、8ヶ月も過ぎてますが現状です。
かしこさ、命中、回避はいい具合なので、今後は耐久を可能な限り伸ばしていきます。

次の続きます。

2匹目 ヒノトリ編 part5

ヒノトリ (41)
ドラゴンのインビテーションマッチ後、1回目のメタルナーのイベントが来ました。
ま、育成不可なんですけどね。

ヒノトリ (42)
取りあえず修行で炎ハリケーンの上位技を覚えに行きます。

ヒノトリ (43)
修行から帰ってきたら、またすぐ2回目のメタルナーイベントが来ました。
後1回で終わりです。

それはさておき、

ヒノトリ (44)
炎タイフーンです。
ガッツ消費もそこそこで高威力の使いやすい技です。
主力技の一つですね。

更に週を送ると、最後のメタルナーイベントです。

ヒノトリ (45)
これで神殿のアップデートパッチが貰えました。
経緯を簡単に話すと、
メタルナーの祖先がメタルナーが解放できるようになるイベントを実装したんですが、
ユーザーが全然クリアできずにイベントを放置するようになってしまったので、
イベント報酬アイテムを配布します!って言い始めた感じです。

ソシャゲか!

まぁ、とりあえずこれを神殿に持っていけばメタルナーが再生できるようになります。
最初に言った通り、縛りで育成不可ですが。

ヒノトリ (46)
さて、Bランク公式戦に出ます。

ヒノトリ (47)
パラメータは十分ですので、ファイアリバーの使い込みに全力を注ぎます。

ヒノトリ (49)
しかし想定に反してボコボコやられる相手たち。

ヒノトリ (48)
当たれば一撃なので、避けて貰わないと使い込み回数が稼げません。

ヒノトリ (50)
ロベニールだけは一撃耐えてくれました。
さすがBランクのサンドバッグ!

大会終わってファイアリバー:11回でした。
厳しい…

大会ラッシュですがトレーニングも並行して進めています。

ヒノトリ (51)
ヒノトリは激ヨイなので大成功が出やすくて助かります。

ヒノトリ (52)
さて、デュラハンの解放アイテムが貰える大会の招待状が来ました。
貰いに行きましょう。

ヒノトリ (53)
インビテーションマッチ(冬)です。
優勝賞品はもろはの剣です。

ヒノトリ (54)
お相手はレオさん。めちゃくちゃ弱い。
これBランクぐらいですよね。

ヒノトリ (38)
ちなみにラギラスさん
強さは一目瞭然。

この強さの記憶があったので、ランクを逆だと思ってたんですよね。
っていうか設定ミスなんじゃないのかこれ?

ヒノトリ (55)
と色々言った物の試合は白熱。
何と命中率60%越えのファイアリバーをレオが2回も避けました。
おかげでKOまで持っていけませんでしたが、使い込みも進んだので万事OK。

ヒノトリ (56)
そしてもろはの剣も貰いました。
これでデュラハンの解放条件もクリアです。

ヒノトリ (57)
3歳です。成長段階は既に第四段階に入っています。
ですが、成長タイプ晩成はピーク後の寿命が非常に短いので、
まだピーク前に大会を進めていかねばなりません。
少し厳しいですね。

ヒノトリ (58)
そしてここで予定の無いAランクに出ました。

ヒノトリ (59)
理由はファイアリバーの使い込みを考慮して。
今のペースだとレジェンド杯終わっても50回に届かないんじゃないかと心配になりました。

そしてピークに入ってしまっているのですが、続いてSランク公式戦も。

ヒノトリ (63)
この大会終了時点でファイアリバーの使い込み回数:39回です。
間に合いそうです。
というかAランク要らなかったんじゃ……

次に続きます。

2匹目 ヒノトリ編 part4

前回の失敗によって大分厳しくなってきましたヒノトリ編ですが、
気を取り直して育成していきます。

まずはパレパレジャングルの冒険。

ヒノトリ (21)
古びた鞘を取りました。
大会はまだまだ先ですが、早めに取っておくに越したことはないです。

そしてCランク公式戦
ドラゴンの大会に向けてソリレスのランクをBに上げておきます。

ヒノトリ (22)
パラメータ的にはかしこさが大分高いので余裕でしょう。
もう使い込みは終わりそうだったのですが、念の為かしこさを500に届かないよう
調整して使用回数を増やそうとしています。

ヒノトリ (24)
で、予想通り炎ハリケーンの使い込みが終わったので、
おもむろにフレイムビームをぶち込んでみる。

ヒノトリ (25)
更にぶち込んでみる。
ヒノトリの大技は威力が高いので使ってて楽しいですね。

大会後にパパス雪山の冒険に来ました。

ヒノトリ (26)
ここで万能のりをゲットしました。
見ていた攻略サイトの情報が間違っており、別の場所を20回近くロードして彷徨ってました。
それに気付いて正しい場所で探したら一発でした。あの時間は何だったんだ…
これでダックンの解放アイテムの入手条件クリアです。

万能のりは売れないアイテムなので、アイテム欄を1枠占有し続けるので邪魔なんですがね……

ヒノトリ (27)
余った行動力で隠し通路を開けておきます。
隠し通路は一度開ければ、その後別のモンスターでもそのまま使えますので
冒険効率が上がります。
これも今回の目的の一つです。

ヒノトリ (28)
2歳になりました。成長段階は第三段階に入ったところです。
これから徐々にかしこさ以外のパラメータも伸ばしていきます。

ヒノトリ (29)
ここで修行に出しておきます。
使い込みが必要な技なので早めに習得しておく必要のある技です。

ヒノトリ (30)
修行地でノラモンのマグマハートに遭遇しました。
危うくKOされるところでした。まだ厳しい。

ヒノトリ (31)
ファイアリバーです。
ロードランナーのロールアタックに通じるところを感じるバランス型の必殺技です。

ヒノトリ (32)
家の建て替えがまた来ました。
さすがにこれだけ色々やってると資金が厳しくなってきます。
冒険で稼いでもらわなくてはいけないですね。

ヒノトリ (33)
カウレア火山の冒険です。
ここでも隠し通路をどんどん開けていきます。

ヒノトリ (34)
探索では金のかたまりも手に入れて上々。

ヒノトリ (35)
更に円盤石のかけら。
ゴーレムだ!やった!って思ってたらホッパーのかけらでした……

今回の縛りの中で円盤石のかけらの中で有用な物は以下の物だと思ってます。

・ピクシー:かしこさ+50
・ゴーレム:ちから+50
・ワーム:ライフ+50
・ヘンガー:しゃてき得意
・ロードランナー:走り込み得意
・プラント:寿命+10
・モック:寿命+10

ちから、かしこさ、ライフの初期値を上げる円盤石のかけらは、序盤の技習得に役立ちます。
とくにかしこさの初期値を上げるピクシーのかけらとライフの初期値を上げるワームのかけらは、
冒険で黄金ももの取得にも関わるのでかなり重要ですね。
軽トレしかないライフ、命中のトレーニングを得意にする円盤石のかけらは、
能力上昇に貢献します。
特にしゃてきのトレーニングなんて必ず50回以上はトレーニングするでしょうし、
初期値+50するよりも上昇値は大きくなると思います。
後は超短命種、もしくは技数を増やすために寿命を延ばすもの。
残りはカニのはさみがあれば十分でしょう。

ヒノトリ (36)
ようやく、ドラゴンの解放アイテムを貰える大会、
インビテーションマッチの招待状が届きました。

ヒノトリ (37)
というわけで大会に出場。アイテムを貰って来ましょう。

ヒノトリ (38)
お相手はラギラス
見れば分かりますがラギラスのパラメータは十分Aランクでも通用するレベルです。
非常に強いイメージがあったので、Aランクだと思っていたのですが……

ヒノトリ (39)
かなりの強敵で、危うくやられるところでしたが、
なんとか炎ハリケーンをコンスタントに当ててKO。

ヒノトリ (40)
ラギラスに勝ち、ドラゴンの牙を貰って来ました。
これを合体で隠し味に使えばドラゴンの解放ができます。

次に続きます。

2匹目 ヒノトリ編 part3

ヒノトリ (17)
小屋の建て替えが来ました。
今回色々円盤石のかけらを拾ってアイテムがパンパンになるかもしれませんので、
アイテム枠の拡張は大歓迎です。
このヒノトリ育成ではその辺の合体アイテム集めもサブの目的になっております。

ヒノトリ (18)
そしてここでクラブ杯にでておきます。

ここで優勝すると手に入るカニのはさみ
ロードランナー編では資金難ですぐに売ってしまいましたが、合体で隠し味に使うと、
命中+50丈夫さ+50とかなり初期値の底上げができます。
便利な合体アイテムなので是非確保しておきたいです。

ヒノトリ (20)
バトルはかしこさが大分上がってますので、Cランクでも炎ハリケーンで結構な威力が出ます。
あっさりカニのはさみを勝ち取ってきました。

 

はい、ここでちょっとスケジュールミスに気付きます。

今回、育成内で種族解放を行うと言ってた内の「ドラゴンデュラハン」の2種。
この2種は大会での優勝賞品が解放アイテムとなっているんですね。

で、その大会のランクが「ドラゴン:A デュラハン:B」だと思っていたのですが、
見事に勘違いで、実は「ドラゴン:B デュラハン:A」でした。

で、この勘違いで何が問題かと言いますと。
現在ソリレスはCランク
そして、2種の大会の参加条件ですが、

ドラゴン:
 7月2週Bランクのモンスターがファームにいる状態で招待状を貰い8月2週の大会で優勝する
デュラハン:
 古びた鞘を持った状態で1月4週Aランクのモンスターがファームにいる状態で招待状を貰い
 2月4週の大会で優勝する

そう、招待状の事をすっかり忘れていたんです。
招待状を貰うなら、必ずモンスターのランクを該当の大会と同ランクにした状態で
大会の1ヶ月前にファームにいなくてはいけないのです。

つまり、「ドラゴン、デュラハン」の2種を解放するには、ランクの関係上、
ドラゴンデュラハン」の順番でしか解放できないんですね。
※デュラハンを先に解放したらAランクになってしまうので、Bのドラゴンは大会に参加できなくなってしまう

ここで改めてそれぞれの大会の開催日を見てみましょう。

ドラゴン大会:8月2週
デュラハン大会:2月4週

現在:9月4週

はい、完全にドラゴンの大会を過ぎております。
つまり、ソリレスは次のドラゴンの大会で優勝するまで、
ランクをBより上にあげることはできません。

え、別に来年出ればいいんじゃねぇの?って思うでしょう?
まぁそうなんですけどね。

ただ、来年のこのタイミングだと恐らく成長段階が第四段階に入ってるんですね。
つまり、現在の成長の第ニ、第三段階のトレーニング効率が悪いタイミングに
トレーニングしながら約1年待って、トレーニング効率が良くなってきた第四段階で
大会を進めて寿命を削ることになるんですよ。

それがどれだけパラメータを犠牲にすることか……

ちなみに「じゃあトレーニングを終えたピーク後に出れば?」って思うでしょうけど
それは無理です。
何せヒノトリは成長タイプ晩成
とてもじゃないですけど、ピーク後にドラゴン、デュラハンの大会を終わらせてから
Sランク公式戦、四大大会、レジェンド杯と進めるのでは寿命が足りません。

この時点で、どうやっても成長効率の良い段階を犠牲にする事が確定しているのです。

大変、手痛いミスでした。。。

意気消沈しつつも育成を進めるしかありません。
次に続きます。

2匹目 ヒノトリ編 part2

開始直後はトレーニングをしても育成効率が悪いので、
成長段階を進めるのも兼ねて、アイテムを与えて忠誠度を上げたらすぐに修行に出します。
序盤の育成効率が悪い段階で技を沢山覚えられると後々楽になります。

この頃はアルタケーキを与えていた気がしますが、
後の冒険の事も考えるとスタープルーンで人気も上げておいた方がいいですね。

ヒノトリ (5)
まずは雪山で修行。

ヒノトリ (6)
炎ハリケーンを覚えました。
この技は使い込み技ですので、真っ先に覚える必要がありました。

そしてここでようやくミスに気付きます。

なんとソリレスビタミンもどきが嫌いでした。

ビタミンもどきは嫌い、普通、好きでストレス軽減値が-10、-12、-15と変化します。
そして普通以上なら影響ないのですが、嫌いだと油草育成で
ストレスが完全に解消できない為、無理にやれば寿命が縮みます
それを回避するには2ヶ月に一回、重トレーニングを軽トレーニングに変更する必要があります。
つまり育成効率が落ちてしまうんですね。

他にもちょっとしたことでストレスが微妙に残ってしまったりと、
ふとしたことで寿命が縮む可能性が多くなるのでかなりのデメリットです。

まぁ、ヒノトリだし大丈夫だろうと気にしないことにしましたが。
もう育成も開始しちゃってますからね。
育成前ならやり直したけど。

気を取り直して。

ヒノトリ (7)
またまた修行で今度は大ダメージ技を覚えてきます。

ヒノトリ (8)
フレイムビーム
性能は威力特化でかなりの火力はでますが当てにくいです。

ヒノトリ (9)
開始から3ヶ月の6月4週、最初の出られる公式戦ですが、今回はスルーします。
このタイミングで出ておけば10月の冒険に間に合うのですが、
まだかしこさが然程高くない(黄金ももは取れますが)ので、言うほど成果は
出ないでしょうし、延命処置ぐらいしか目的が無い感じになりますが、
技も少なく寿命も普通にあるヒノトリなら無理して行かなくても良いでしょう。

ヒノトリ (10)
公式戦をスルーして更に技習得です。

ヒノトリ (11)
火炎砲です。
ガッツダウン技ですが、ガッツダウン性能はそんなに良くありません。

これで序盤に習得する技は全て完了です。
一応まだ命中技の連続くちばしが残っていますが、まぁちから技ですので、
かしこさ型育成のヒノトリには必要ないでしょう。

かしこさが上がりきらないうちにDランク公式戦に出ておきます。
炎ハリケーンの使い込みは進めていきます。

ヒノトリ (12)
能力はDランクでは余裕といった感じ。
ぎりぎりかしこさが250に届かないように調整して使える回数かさ増ししています。

ヒノトリ (13)
それでも技性能が優秀なので、クリティカルがでればかなりの威力がでます。
まぁ使い込み回数はすぐに終える必要があるわけでもないので問題ないですが。
もちろん大会は余裕の優勝でした。

ヒノトリ (14)
8ヶ月で、成長の第二段階に入りました。
ここから重トレのめいそうを入れて更にかしこさを上げていきます。
Aなどの高い適正の能力は序盤でも十分伸びますので序盤に伸ばし、
ピーク時は伸びにくい能力を伸ばすのが効率的です。

ヒノトリ (15)
そろそろ出せる冒険にも出していきます。
今回の目的はプラントのかけら。寿命を+10します。
いずれ短命種を育成する時には必ず使うと思うので取っておきました。
当分アイテム倉庫で眠ることになりますがw

そして1歳。まだまだこれからですね。

次回に続きます。

2匹目 ヒノトリ編 part1

はい、MF2 円盤石・石版再生縛り プレイ日記。
2匹目の育成に入ります。

今回育成するモンスターはヒノトリです。

選定理由はと言いますと、
まずヒノトリは非常にポテンシャルの高いモンスターです。
それは適正を見て貰えば一目でわかるでしょう。

ヒノトリ
ちから以外の適正はC以上。
成長タイプは最も伸びやすい晩熟、正確も激ヨイ。
技も全部で7つ。力技を除けば6つと、全部覚えても習得数は少な目。
その上技習得にヨイワル調整は要りません。(唯一のワル技の火炎連砲は習得不可)

順当に育てればちから以外のパラメータ800以上、内かしこさカンストなんてモンスターが簡単に生まれてしまいます。

……が、
それじゃあ面白くないんですよね。
元々強いモンスターがそのまま強くなりましたって結果は好きじゃありません。

そんな訳で、ヒノトリを敢えてこの序盤で育成し、
育成の中で「種族解放イベントの回収を行う」というノルマを課して育成することにしたのです。

具体的に解放を目指すモンスターは以下の通りです。

・デュラハン
・ドラゴン
・ダックン
・ケンタウロス
・ジール

このイベントを全て回収しながら殿堂入りを目指します。
具体的なスケジュールは全く考えていませんが、まぁヒノトリならどうにかなるでしょう。

さて、それではモンスターを再生していきましょう。
まずは種族解放です。

ヒノトリ (1)
合体モンスターは全てマーケットから調達です。

ヒノトリ (2)
続いて隠し味使用での合体です。

合体の隠し味については縛り条件にも書いた通り使っていきます。
円盤石再生禁止というだけでも初期モンスターの制限(能力底上げも含む)はかなり大きいですからね。

今回はロードランナーのかけらで走り込みを得意になってもらいます。
というかこれしか無かっただけですが……

ヒノトリ (3)
というわけで走り込み得意のヒノトリ完成。

ヒノトリ (4)
パラメータはカタログスペック。
しかしながら初期値はさすがの高水準ですね。

ちなみに、今回から育成は3月1週から開始します。
前回のロードランナーは最初のモンスターということと、大陸対抗戦を最速で発生させる
という目的がありましたが、今後はその辺の目的もないですし、
順当に育成して、最速で白銀ももを取得できるシルバー杯にでられる形で調整します。
でないとモンスターによっては寿命でほぼ白銀もも縛りみたいになってしまいますしねw

ちなみに名前のソリレスは鶏肉の希少な部位だそうです。
やきとりやらヒノトリは酷い名前が付けられやすい印象ですね。

それでは、次回から育成に入っていきます。

モノクロ・トリコロール

- 例えそれが色褪せた世界でも、
自分だけの色を見つけられるから -

今、景色は色を変える
いや、視界は幾何学
(願望の色 実は灰色)
足元に広がる

空 確かなアルゴリズム
雲 不変ヒューリスティック
(在るべきモノ 在る場所へと)
決められた色を放つ

「それが世界の理でしょ?」
何とも当たり前に
見つめるフリして目を閉じていた
瞳開いた そう

今を映す色 トリコロール
変わらない世界の果てを巡る
(Wow Wow Wow ...) 光
ただ変わらず在る モノクローム
歪んだ景色に溶け込む
(あなたには あなた色)
見つけたなら忘れないで

さぁ、筆で弧を描きましょう
ほら、とても鮮やかね?
(指し示した 黒い帆布)
モノクロ虹のアーチ

人 一つの景色を見る
他人 故に何を見る?
(誰が為には 誰が為へと)
求めた景色を映す

今を映す色 トリコロール
ただ変わらず在る モノクローム
(Wow Wow Wow...) 輝く

今を描く色 トリコロール
変わりゆく世界を染め上げる
(Wow Wow Wow ...) そして
ただ確かに在る モノクローム
歪んで尚それを示す
(わたしには わたし色)
見つけたなら離さないで

雄之助先生への歌詞提供5曲目。

前回の反省を活かしつつ、今回はメロディ部分では対義語を使った語呂とリズム。
サビでもひたすら韻を踏む。

今を映す色 トリコロー'ル'
変わらない世界の果てを巡'る'

ただ変わらず在る モノクロー'ム'
歪んだ景色に溶け込'む'

これならどうじゃあ!と書き上げてみましたが、反響はあったのかどうか……って感じ。
相変わらず歌詞の貢献度がいまいち見えない。
わしゃあ、もうだめじゃ……

歌詞の意味としては簡単に言うとこんな感じ。

世の中には色んな色が溢れているけど、君が赤って思ってるのは本当に赤色かい?
ただ決められてるからそう認識しているだけじゃないかい?
君が望んでいるものも世間体に流されているだけで本当に望んでいる訳ではないのかもしれない。
それなら、そんな誰もが当たり前に見ている色なんて何の変哲もない色あせた灰色と変わらない。
でも、その灰色の世界の中で、ただ一つ変わることのないモノクローム(一つの色)を見つけたなら、
それは本当に君が望んだものなのかもしれない。

今回の歌詞は言うほど分かり辛くもない気がする(そうか?)