記事の並び替え:

Monthly Archives: 11月 2015

15匹目 ネンドロ編 part4

ワールド・モンスターズ杯

2015-10-23_01-34-03
ちからがかなり上がってます。
しかし命中はもう大会育成以外では上げるのは厳しい段階です。

2015-10-23_01-34-50
使い込みも終わり自由に技が撃てるので、フジヤマ落としを決めます。
このポーズ。

2015-10-23_01-36-33
ドルーガードにも勝ちましたが何故かボディープレスを食らう。
確率仕事してくれ。

2015-10-23_01-38-11 2015-10-23_01-38-35
シアラには安定感のズームパンチパワースタンプで難なくKO。

2015-10-23_01-38-59
優勝です。

四大大会最後、グレイテスト4です。

2015-10-23_01-58-05
ふみつけを貰う。
何だか大ダメージ技を妙に貰いやすいです。

2015-10-23_01-58-26
逆襲のフジヤマ落としでKO。

2015-10-23_01-59-40
カーマイン先生も踏みつぶしていきます。

2015-10-23_02-00-17
最後はラブレス組長。

2015-10-23_02-01-13
渾身のフジヤマ落としクリティカルで一撃KO。
凄い威力が出ますね。
これで四大大会制覇です。

2015-10-23_02-10-58
7歳になりました。
そろそろ寿命が近いのでパラメータも調整段階です。

怒涛の大会ラッシュで一気にレジェンド杯です。

2015-10-23_02-19-21
今回は奇数年ですのでポリトカです。
回避、丈夫さをそこそこにライフをかなり伸ばしました。
最近回避型ばかりだったのでこういうのも面白いと思います。

2015-10-23_02-20-18
意外に避けないので高威力技をかなり貰います。

2015-10-23_02-20-36
食べるという大技まで。

2015-10-23_02-20-52
そして余裕。
完全に舐められてますが、ネンドロは一撃必殺当てれば勝ちが正義。

2015-10-23_02-21-14
渾身のフジヤマ落とし

2015-10-23_02-21-29
タイム0秒で華麗な逆転劇を見せました。

そんな訳で殿堂入り。

2015-10-23_02-23-59
ポーズは勿論美脚の披露。

2015-10-23_02-24-13
という訳で得意技は使い込んだサムライキックでした。

2015-10-23_02-28-33
最後に修行です。

2015-10-23_02-29-22
ここに来て最弱ノラモンとは、スプリンターは運がないですな。

2015-10-23_02-30-41
一瞬でKO。
スクショを撮る暇もなし。

2015-10-23_02-32-25
めいどのみやげ、無事習得です。
ダメージとガッツダウンの高いまさに超必殺技です。
ただし当てられるかは運次第ですね。

体型を普通にし、パラメータを調整して育成完了です。

2015-10-23_03-02-09 2015-10-23_03-02-28
再生方法:マーケット後、合体
種族:ネンドロ(純血)

それでは所感です。

絶望種とかなり懸念していた種の割には大分スムーズに育成できました。

ただ、その辺は序盤のズームパンチ習得と、上手くかしこさ上げの調整が出来た点。
そして、技を使い込みがなく命中C以上の技に絞ったという所による物が非常に大きいです。

それでもパラメータ的には命中の伸びが悪く、かといってちからもカンストには届かない中途半端感が否めない感じは、やはり適正の厳しさが響いたと言わざるを得ないと思います。

そう言った意味では、適正は良いが寿命の短いジョーカー、適正は悪いが寿命が長いネンドロと、良い対比にはなったかと思います。

後のオート戦では、回避型が多いメンツの中、この命中の低さは大分響きそうですね。
一発大技を当てるミラクルが出ることに期待したいところです。

さて、次回の育成ですが、倉庫整理に向けて倉庫の中のモンスターの育成を終わらせていくつもりですので、グジラ、ウンディーネはまだ後2回ほどお預けです。

それでは、また次回の育成で。

15匹目 ネンドロ編 part3

バイヨードの育成続きです。

2015-10-21_02-29-28
Bランク公式戦にも優勝したので早速超必殺技の修行です。

2015-10-21_02-30-27
まずはサムライキックの習得です。
性能は命中がAと良い物の他は普通です。
この技は使い込みで、ネンドロ系の最大火力技を習得できますので使い込みます。
バイヨード唯一の使い込み技になります。

2015-10-21_02-49-27
更にもう一度修行。

2015-10-21_02-49-49
ノラモンのゴーワンが出ましたが、流石にランクEの相手じゃ余裕です。

2015-10-21_02-50-32
あっさりKO取って勝利。

2015-10-21_02-52-52
ネンドサイクロンです。
この技は完全に邪魔な技なのですが、習得回避が難しかったので致し方なく習得しました。

2015-10-22_01-00-00
更に更に修行。

2015-10-22_01-00-56
ノラモンは妙にネンドロ系と縁があります。
仲間だと思って寄ってくるんですかね?

2015-10-22_01-03-43
流石にアオミドロは現状のパラメータじゃ厳しかったのでギブアップです。

2015-10-22_01-05-01
フジヤマ落とし習得です。
高火力とそこそこの命中を持つ使い勝手の良い技です。

2015-10-22_01-21-43
3歳です。
成長段階は第4段階に差し掛かったところです。
ここから冒険に向けてかしこさを200まで伸ばします。

2015-10-22_02-22-39
3歳6か月でようやくかしこさが200に届きました。
ギリギリピーク前に間に合いました。

2015-10-22_02-24-40 2015-10-22_02-34-55
かしこさ200でまさかの黄金もも3つ習得。
ぎんのかたまりも取って物凄い収穫です。

冒険が終わって少し経ってからピークに入りました。
本当に危ない所でしたが、問題のかしこさも何とかクリアして非常に順調です。

2015-10-22_02-55-38
4歳です。
ここから防御系パラメータを伸ばします。
まずは回避から。

2015-10-22_22-13-29
元々ヨイモンなのでトレーニングは大成功が多く、意外と効率良く伸びます。

2015-10-22_22-18-20
黄金ももも投与して更に伸ばします。
久々の晩成ですが、ピークが長いって良いことです。

2015-10-22_22-35-55
5歳です。
回避は良いところまで伸びましたので、次は丈夫さもプールバグで伸ばします。

2015-10-23_00-18-22
6歳です。
技も絞り、延命処置もしたので、寿命も持つだろうと6年目から大会ラッシュに入るようにしました。
というかギリギリまで粘らないとパラメータの伸びが足りません。

まずはSランク公式戦

2015-10-23_00-22-28
いきなりオルドーフです。

2015-10-23_00-22-47
ネンドロ対決。
流石にオルドーフよりは優秀なパラメータになっています。

2015-10-23_00-23-10
早速サムライキック
空中を飛び交うネンドロ。

2015-10-23_00-23-21
ダメージはそこそこと言ったところ。
ちからがあるのでダメージCの技でもまぁまぁのダメージが出ています。

2015-10-23_00-34-56
危なげなく全勝でした。
サムライキックの使い込みも25回まで行きました。

続いてM-1グランプリ

2015-10-23_00-42-56
ドルーガードと似たようなパラメータです。
実際あんまり安心できなパラメータです。

2015-10-23_00-43-51
互いの攻撃が当たらないまま膠着状態かと思いきや、まさかのドルーガードボディープレス炸裂
正直声出して驚いた。

2015-10-23_00-44-25
1回しか攻撃が当たらないという謎確率によって敗北。

2015-10-23_00-47-54
しかし他の試合は勝利し、再戦はアスタウンド

2015-10-23_00-48-58
サムライキックで削ります。

2015-10-23_00-49-20
最後の止めと思いきや。

2015-10-23_00-49-38
根性で立ち上がる。
やりますアスタウンド
しかし優勝です。
サムライキックの使い込み13回計38回です。

6月2週で300週経過してますのでシルバー杯にこのタイミングで参加です。

2015-10-23_00-59-07
ノスタールを蹴り飛ばしていきます。

2015-10-23_01-00-01
ラッキィも。

2015-10-23_01-00-50
3発蹴り飛ばして勝利。
使い込み6回で計44回

2015-10-23_01-02-41
もも食ってシルバー杯、完!
成長段階が第6段階まで戻るのが美味しいですね。

ウィナーズ杯です。

2015-10-23_01-10-27
カーマイン先生ですが、今回はライフがかなりあるので2発程度食らっても十分耐えられます。

2015-10-23_01-11-20
開幕を貰わなかったので一気に近づいてサムライキック
無事倒しました。

2015-10-23_01-13-22
ブルガンディも蹴り倒してKOまで削り切ります。

2015-10-23_01-13-52
全勝で優勝。
サムライキックも使い込み完了です。

サムライキックの上位技の習得条件はヨイワル-30なので、退会の合間はカクテルグミをあげつつワルになるまでトレーニングです。

次回に続きます。

15匹目 ネンドロ編 part2

さあ、バイヨードの育成開始です。

まずは早速命中の修行にだします。
ちなみにここは絶対に覚えなくては厳しいです。

純血ネンドロは成長タイプ晩成なので、ピーク後に殆ど余命がありませんので、早い成長段階の内に技をある程度習得しておかないと、後々寿命が足りませんで泣きを見ます。
後は純粋に早い段階で命中技を覚えておかないと、序盤の戦闘で全く攻撃が当たらずにボロボロにされるのが目に見えています。

2015-10-20_01-04-48
20回に届かない程度のロードで何とか覚えてくれました。

2015-10-20_01-06-03
まさかのズームパンチ!
優先度1のパワースタンプを飛ばして覚えました。
命中精度Sを最初に覚えられたのは大きいですね。

まぁ、パワースタンプも近距離の命中精度高い技として覚えますけどね。

そして恒例のアルテミス杯
使い込み技に逆水平チョップがありますが、上位技が大して強くないのでこちらは使い込みません。
ですのでズームパンチを主軸に戦います。

2015-10-20_01-58-28
ミリアムズームパンチであっさり倒せます。

2015-10-20_01-59-31
Dランクの鬼門、カペラも。

2015-10-20_02-01-34
ズームパンチ!

2015-10-20_02-02-16
ズームパンチ!!

2015-10-20_02-04-43
命中52でも安定した命中率を叩きだすズームパンチのおかげで難なく優勝。
懸念していた序盤の大会がこの調子だと大分余裕ができそうです。

この調子でDランク公式戦

2015-10-20_02-13-29
厄介なサクラアートですが。

2015-10-20_02-14-37
一発当てただけでガッツリ削り。

2015-10-20_02-15-17
多少押されましたがそのまま判定勝ち。

2015-10-20_02-16-56 2015-10-20_02-17-10
カペラは難なく倒せていますので、こうなれば敵なし。

2015-10-20_02-18-58
と思っていたらまさかのスリートボム
こちらのズームパンチは全てはずれ、相手の攻撃だけ貰ってしまいました。
流石に似たような低命中、高火力のモンスター相手だと、運に勝敗が分けられてしまう感がありますね。

2015-10-20_02-22-58
再戦で再度スリートボム

2015-10-20_02-24-24
今度はしっかり当てて判定勝ち。
少し危なかったですが優勝です。

2015-10-20_02-30-35
序盤は適正Aライフをガンガン上げます。
大成功時のこの動き。。。

2015-10-20_02-57-17
隙を見て成長段階が早いうちにどんどん修行にだします。
今度はガッツダウン技。

2015-10-20_02-58-15
投げキッス習得です。
消費も低く命中Cででも早く、意外と優秀なガッツダウン技です。

2015-10-20_03-20-12
念の為冒険にも出してますが、この段階ではかしこさが低くてまともなアイテムは取れません。
とはいえ延命をしておくに越したことはないでしょうし、今後も成長段階が低いうちは冒険に出しておきます。

2015-10-20_03-31-46
今度は命中技をもう一度。

2015-10-20_03-32-49
パワースタンプ習得。
これで近距離も一定の命中精度で攻撃を当てに行けます。

2015-10-20_23-47-45
1歳です。
序盤は回避は放置で、防御系は高いライフに任せ、高いちから技でやられる前にやる方針にします。

Bランク公式戦にもさっさと出てしまいます。

2015-10-21_00-47-22
回避の高い相手も多いですが。

2015-10-21_00-48-26
ズームパンチさえ当たれば一発逆転可能です。

2015-10-21_00-49-50
ちからがかなり伸びてますね。
それでもバルームと比べると不安なところですが。

2015-10-21_00-50-39
一発貰ってかなり削られたので焦りましたが、ガッツ補正を高めてからのズームパンチ

2015-10-21_00-51-10
ある程度削ったら投げキッスでガッツダウンも掛けます。

2015-10-21_00-51-29
ちょっと焦りましたが、無事勝利。

2015-10-21_00-54-13
他にもグールシャインにかなり追い詰められますが。

2015-10-21_00-55-15
底力発動からのズームパンチで一発逆転したり。

2015-10-21_01-03-37
リキエル相手にガッツ切らしてピンチになりながらも逃げきったりして危ない戦いも見せましたが。

2015-10-21_01-04-15
奇跡的な全勝で見事優勝しました。

2015-10-21_01-21-15
そんなこんなで2歳です。
成長段階は第3段階。
まだまだ技の習得をメインに進めて行く形になりそうです。

次に続きます。

15匹目 ネンドロ編 part1

はい、MF2円盤石・石版再生縛りプレイ日記。
今回は15匹目の育成となります。

今回の育成モンスターはネンドロ
実はこのモンスター、この縛りプレイのジョーカーに次ぐ絶望種です。
何がそんなに問題かと言いますと、適正を見て貰った方が早いでしょう。
(※画像はモンスターファーム2@まとめwikiより

ネンドロ
ライフA。ちから、回避B。そして他Eという極端な適正。
プールバグで丈夫さは適正Aと同等になる物の、問題はかしこさ命中Eだという点。

この縛りでは黄金ももを自力で取得する必要がある為、かしこさは最低200までは伸ばさなくてはいけません。
命中に関してはどのモンスターでも必須で、かつ命中のトレーニングは軽トレしか無い為他のパラメータより伸び悩みがちになります。

つまり必須なパラメータがどちらとも適正Eで非常に上げにくくなっているという事です。
また、初期値も非常に低い為、円盤石のかけらを使ったところで大して大きい補正にはなりません。

更に、ネンドロの派生は軒並み命中やかしこさ適正が上がる派生ばかりではあるのですが、この円盤石・石版再生縛りでは派生種は全て使用不可です。

どうあがいても、この厳しい適正と向き合わなくてはならないことが要求されることになるのです。

ただ救いが無いわけではなく、寿命は350週とそこそこの寿命で成長タイプ晩成、善悪値も+25とヨイ寄り。
育成自体はしやすい部類に入りますので、その利点を上手く使って、かしこさ、命中とどう折り合い付けるかが肝になりますね。
ただ、完全要求なし種族という点もネックだったりはするのですが……。

習得する技は以下のものを想定しています。
基本的に命中がC以上の技を中心にそろえる形で、低い命中を補正する想定です。

隣:サムライキック、フジヤマ落とし
近:めいどのみやげ、パワースタンプ
中:投げキッス
遠:ズームパンチ、(つば※余裕があれば)

それでは早速育成モンスターを作成していきます。

2015-10-17_01-57-17
円盤石のかけらは多少の命中向上を期待してヘンガーのかけらしゃてき得意にしています。
かしこさは200まで上げれば以降は必要ないので、無理に補正を入れる必要もないでしょう。

2015-10-17_01-59-10
純血ネンドロの完成。

2015-10-17_02-00-06 2015-10-17_02-00-54
パラメータと技はカタログスペックです。

名前は培養土。安直ですなぁ。

それでは次回より育成開始です。

14匹目 ホッパー編(特別枠) part4

四大大会もラスト、グレイテスト4です。

2015-10-16_03-49-56
いきなりゼーランディアインフェルノで焼かれるVIP待遇。
お礼にジャンプブロウ連打で沈めました。

2015-10-16_03-52-27
カーマイン先生も大分攻撃を貰ってヒヤッとしましたが、なんとか競り勝ちます。

2015-10-16_03-53-03
そして最後の壁、ラブレス

2015-10-16_03-53-49
非常に堅くてジャンプブロウじゃまともなダメージが出ません。

2015-10-16_03-54-37
それでもひたすら連打で削り切りました。
この手数で勝負な感じがまさにホッパー

2015-10-16_04-01-43
6歳になりました。
そろそろパラメータの調整段階に入ります。
ちなみに計算した所ジャンプブロウの使い込みは間に合わないようでした。

遂にレジェンド杯

2015-10-16_04-13-05
今年は奇数なのでポリトカでした。
命中が900を超えていますので、ほぼ全ての攻撃を当てられます。

2015-10-16_04-13-38
やられる前にやれとばかりに一気に近づいてジャンプブロウ連打。

2015-10-16_04-14-51
反撃などもされつつ、ギリギリでしたがなんとかKOまで持っていきました。

2015-10-16_04-16-53
そんなわけで殿堂入り。

2015-10-16_04-17-05
得意技は大フリッカーでした。
非常に地味。

シルバー杯には寿命が間に合いました。
ジャンプブロウの使い込みも諦めましたので超ホッパーロールを叩きこんでいきます。

2015-10-16_21-04-18
ダメージをぴったし止めるとこのポーズになります。
妙に決まっています。

2015-10-16_20-58-26
ラッキィもタイミングミスりましたが一発で800ほど与えられます。
ホッパー種にしてはかなりの威力です。

2015-10-16_21-06-51
桃を食べてシルバー杯完!

2015-10-16_21-09-19
最後の修行に向かいます。

2015-10-16_21-10-04
ドクダマが現れました。
最後なのでノラモン戦も勝ってもらいます。

2015-10-16_21-10-41
オート戦でも決める超ホッパーロール
完璧なKOでした。

2015-10-16_21-11-52
最後に習得したのは超フリッカー
命中精度は良い物のコストパフォーマンスが見合わない技です。

こんな感じで、残りはパラメータと体型を激ガリに調整して寿命を迎えましたので、育成終了です。

2015-10-16_23-57-53 2015-10-16_23-58-06
再生方法:円盤石再生使用後(ペナルティ)、合体
種族:サクラホップ(ホッパー×モッチー)

それでは所感です。
正直ホッパーは温泉掘りあてる為に軽く育成する程度で、ここまでしっかり育てたことはありませんでした。
実際育ててみると、技の貧弱さ、適正の中途半端さにかなり苦戦させられました。

しかしながら、最終的なパラメータとしてはホッパーらしい上等なパラメータになったのではないでしょうか。
命中、回避(補正あり)はカンストしましたし、避けて当てるといったスタイルが見事に嵌まる形になったと思います。

強いて言うならば、丈夫さを-100でもしてちからに振り分けたかったです。
丈夫さは25%減で450程度まで下がっていますので、ライフもあまり高くない点と相まって耐久としてはさほど期待できない程度ですし、その分を攻撃に当てたかったです。

とはいえ、ちまちました攻撃を何度も何度も与え一緒にストレスまで与える戦いができるので、これはこれでいいのではないかと思います。

 

さて、次回の育成ですが、結構良い感じに育成の波が乗っていますので、このタイミングでジョーカーに次ぐ絶望種を育てようと思います。
詳細はまた次回の育成で。

14匹目 ホッパー編(特別枠) part3

2015-10-14_23-12-45
3歳です。
ピークに入っています。
ここから防御系パラメータも伸ばしていきます。

2015-10-16_00-53-29
4歳です。
丈夫さを完全に上げ過ぎました。
激ガリを想定しているモンスターでこの丈夫さは25%減でかなり無駄になります。
しかも後に超必殺技の修行を数回控えているので更に伸びる事になります。

2015-10-16_01-35-47
ピーク過ぎてからは念の為、延命も兼ねて冒険にも行きます。

2015-10-16_01-44-20
そして修行。
ようやく超必殺技の習得です。

2015-10-16_01-45-37
ノラモンが出てきましたがギブアップします。
大フリッカーの上位技の習得条件が善悪値-20なので、勝って+5されると困ります。
現状善悪値は+100になっていますので、ここから一気に善悪値を下げて行かねばなりません。

2015-10-16_01-47-00
ホッパーロール習得です。
ようやくまともな威力の技です。
その分消費ガッツも多いですが。
この技も使い込み技ですので使い込んでいきます。

2015-10-16_02-02-27
5歳です。
明らかに丈夫さを上げ過ぎている所為で他の能力が伸び悩んでいます。
先が心配になるパラメータです。

Sランク公式戦です。

2015-10-16_02-11-37
ちからが低いという事は使い込みのチャンスでもあります。
ここでがっつりホッパーロールの使い込み回数を稼ぎます。

2015-10-16_02-12-15
初戦オルドーフなのですが、こちらのホッパーロールは当たらないのに何故か26%ひゃっかん落としは当たる。

2015-10-16_02-13-22
ホッパーロール4回撃って全部避けられるという謎の結果。
まさかのいきなり負け。

2015-10-16_02-16-06 2015-10-16_02-18-38 2015-10-16_02-19-00
しかし、他のメンツはホッパーロールも安定して当たり、なぎ倒していきます。

2015-10-16_02-33-44
そして再戦はアクアライン
サンドバッグとして非常に優秀です。

2015-10-16_02-34-56
しっかり4回使ってKO。
使い込み回数:33回です。

続いてM-1グランプリです。(※パラメータスクショ撮り忘れ

2015-10-16_02-46-32 2015-10-16_02-48-13
と言ってももはや語ることが無いくらいホッパーロールで叩きのめしていくだけです。

2015-10-16_02-49-52
アスタウンドでギブアップして再戦も発生させます。

2015-10-16_02-50-21
再戦はルージュでした。
使い込みとしてはあまり美味しくない相手です。

2015-10-16_02-51-03
たった2発でKOでした。
使い込み回数:48回です。
次で終わりですね。

ウィナーズ杯です。

2015-10-16_03-08-07
回避型には恐ろしいカーマイン先生です。
実は善悪値調整でカクテルグミを大量投与している為、体系が普通に戻っています。
回避も然程高くないのでカーマイン先生は脅威です。

2015-10-16_03-08-23
開幕デスカッタークリティカル。
いきなり痛烈な先生の教えを受けます。

2015-10-16_03-08-57
やられっぱなしではないと今までの成果をホッパーロールに乗せて叩き込みます。
が……

2015-10-16_03-09-27
甘いと言わんばかりに距離を取られてデスエナジー
カーマイン先生が異様なぐらいに強かった。
これは最後にちゃんと体型調整しないとひどい弱さになりそうです。

2015-10-16_03-13-08
他は問題なく勝利し再戦はまたしてもルージュ
カーマイン先生へのリベンジはグレイテスト4までお預けです。

2015-10-16_03-13-43
普段は安牌のルージュがここに来て見せてくれます、このドレイン
こっちは瀕死で相手は全回復。
流石にやばい。

2015-10-16_03-14-45
ホッパーロールの使い込みは終わっているので、大フリッカーで残りの使い込みをしながら攻めています。
間に合うか?

2015-10-16_03-15-07
判定でギリギリ勝利。
まさかの手に汗握る試合でした。
ホッパーロールの使い込みも終わり、大フリッカーも13回使い、計38回です。

ワールド・モンスターズ杯です。

2015-10-16_03-26-55 2015-10-16_03-27-54
大フリッカーの猛攻。
ゼーランディアを地に足つけさせない勢いで殴り倒します。

2015-10-16_03-31-04
大フリッカーの使い込みも終わりましたが、間に合うか定かでもないですがジャンプブロウの使い込みもしたいのでギブアップ再戦も行います。

2015-10-16_03-31-33
再戦はシアラ

2015-10-16_03-31-53
避けてくれれば回数稼げるのですが、命中が大分上がってるので難しいかもしれません。

2015-10-16_03-32-24
クリティカルで一発200に届かない程度。
火力はやはりあまり出ませんね。
手数で勝負って意味ではホッパーらしいですが。

2015-10-16_03-32-50
見事KO。
大フリッカーの使い込み完了。
ジャンプブロウ13回まで使い込みました。

2015-10-16_03-45-26
ここでホッパーロールの上位技の習得に行きます。

2015-10-16_03-47-38
超ホッパーロール習得です。
ホッパー種の最大火力技です。
ダメージとガッツダウンはあるものの命中が低く、クリティカル率も無い為、ガッツ消費と見比べると少々使い勝手は悪いです。
しかし、この技を叩きこめるようにホッパーの命中をしっかり上げるのが定石というものですね。

次回に続きます。

14匹目 ホッパー編(特別枠) part2

さっそくVIPの育成を開始します。

2015-10-13_00-12-29
まずは修行にだします。

2015-10-13_00-13-31
フリッカーです。
性能は大した事ありませんが使い込み技です。
更にホッパー種の中、遠距離技はこのフリッカー系を覚えないと他に技が無い為カバーできません。

2015-10-13_01-30-29
序盤の内は得意な軽トレのしゃてきをメインで行うので、ピーク時の大成功率アップを考慮して、余裕があるタイミングでフルーツグミを使い性格を激ヨイにどんどん上げて行きます。

2015-10-13_01-43-32 2015-10-13_01-55-01
序盤でもガンガン大成功がでます。
性格ヨイはこうも出やすいものなのですね。
(※最近ワルばっかだったからね……

2015-10-13_02-06-36
更にクリティカル技の修行に出します。
こっちは使い込むか分かりませんが、余裕があるので覚えるだけ覚えておく感じです。
ちなみに6月4週のDランク公式戦は微塵も勝ち目が無かったためスルーしています。

2015-10-13_02-14-10
ジャンプブロウです。
序盤の技の中ではまともな威力な方なのですが、上位技がさほど強いわけでもないので重要度はかなり低い技です。

2015-10-13_02-24-37
折角なのでアルテミス杯にでました。
私的な育成ではアルテミス像も多少あっても良いかなって思ってます。
終盤の疲労がたまりやすくなってる状態での修行や冒険後の疲労が多少緩和されますからね。

2015-10-13_02-25-16 2015-10-13_02-31-04 2015-10-13_02-31-25 2015-10-13_02-32-01
はい、オクレイマン戦ハイライトです。
全く勝ち目がない。

2015-10-13_03-00-54
ですが、上手く再戦でロンター

2015-10-13_03-02-17
ロンターならどうにでもなりました。
粘りまくってどうにか優勝です。
フリッカーの使い込みも29回とかなり稼げました。

そしてようやくDランク公式戦にでます。

2015-10-13_10-32-22
意外にもカペラに勝ってしまい。

2015-10-13_10-34-16
ウィストンはKOもでき。

2015-10-13_10-36-40
同種族対決のハリマオー戦もライフ以外全てのパラメータが下回っているものの。

2015-10-13_10-38-02
逃げ切り勝利。

2015-10-13_10-39-49
スリートボムだけは1回攻撃当てられただけでどうにもならなくなるほど絶望的だったので勝てませんでしたが。

2015-10-13_10-40-30
他が全て2敗していたため優勝でした。
フリッカーの使い込みも54回までいき、使い込み完了です。

2015-10-13_10-43-10
成長の第2段階から瞑想で命中と一緒にかしこさも上げています。

2015-10-13_10-50-56
そして早いうちに修行でフリッカーの上位技を覚えてしまいます。

2015-10-13_10-52-19
大フリッカーです。
フリッカーに比べれば威力はマシですが、消費ガッツもかなり多くなっていて、強いとは言い難い技です。
この技も更に使い込みで上位技があります。

さて、ここから可能な限り早くBランク公式戦をクリアしたいのですが……

2015-10-14_00-51-15 2015-10-14_01-23-41 2015-10-14_01-26-31
負ける負ける負ける。
大フリッカーの使い込みも兼ねているのですが、いかんせん技性能が悪すぎて微塵もまともに戦えません。
そんなわけでBランク公式戦を3回ほど(約9ヶ月)見送ることになりました。

2015-10-14_01-10-55
その間、冒険で黄金ももは手に入れましたので、ピークに向けての準備は問題なしです。

2015-10-14_02-06-17
雪山では金のかたまりも取りました。
かしこさはさほど高くないのですが意外とやります。

2015-10-14_02-08-11
2歳です。
いい加減Bランクには何とか勝てるぐらいにはなったでしょう。
成長段階も第4段階に来てますので、いい加減勝たないと厳しいです。

そんなわけでBランク公式戦

2015-10-14_02-50-41 2015-10-14_03-13-21
もうスクショ取る暇がないほど切羽詰まったぎりぎりの戦いです。

2015-10-14_03-24-15
で、もう3敗してるのですが、何とか奇跡的に再戦が発生。
しかし相手は脅威のバルーム

2015-10-14_03-25-36
もはや逃げ切り逃げ切りです。
序盤でガッツを溜めて、相手には命中率の低い技を撃たせる。
そしてある程度の時間を見計らってからは大フリッカーの連打で相手に技を出させないままタイムアップです。
しかし大フリッカーの撃つ瞬間キモイですねw

2015-10-14_03-26-14
非常にボロッボロの結果ですが優勝です。
大フリッカーの使い込みも25回です。

2015-10-14_21-05-05
Bランクで優勝してから迎えた12月。
VIPを休養させると何やらイベントが発生。
その顔やめろ

2015-10-14_21-05-55
VIPが地面を掘り始めたと思ったら、ファームに地震が。
そしてなんとファームに温泉が湧きました。

2015-10-14_21-06-24
VIPが掘り当てちゃいました。
このコルトの何とも言えない顔。
私にも掘り当ててくんないかな……

2015-10-14_21-06-39
そして温泉から何かしらの石版が出てきました。

2015-10-14_21-07-01
パブスが温泉に入りに来ます。
お前はいいからコルトのだな……

2015-10-14_21-07-28
石版の事を聞いてみるとどうもモンスターに関係するものの様です。

2015-10-14_21-08-00
とまぁ以上でこの石版はウンディーネの再生アイテムとなります。
これでウンディーネの再生が可能になりました
また、グジラも後ほどアイテムが取れますので、ホッパーを特別枠で再生した目的はクリアしました。

ちなみにこのイベントの条件をしっかり書いておきますがこんな感じ。

・ブリーダーランク4段以上(Bランク公式戦クリア)
・12月~2月にBランク以上のホッパーをファームで育成
・疲労0、ストレス30未満の状態(必ず休養が必要)

基本は普通に育てて、Bランク以上になったら冬に休養させれば発生しますので、そこまで難しい条件ではないですね。
ホッパーを育てるのが難しいという点はありますが……

それでは次回に続きます。

14匹目 ホッパー編(特別枠) part1

はい、MF2円盤石・石版再生縛りプレイ日記。
今回は14匹目、特別枠のホッパーの育成となります。

早速ですが純血ホッパーの適正を見て見ましょう。
(※画像はモンスターファーム2@まとめwikiから

ホッパー
最弱種族にモノリスと並んで良く上げられるホッパーですが、理由は一目瞭然。
ホッパーと言えば身軽なイメージがありますが、意外にも回避は平均のCです。
ライフと丈夫さは貧弱なので、耐久系ステータスは残念感が否めません。

かしこさはCですが、ホッパー種はピクシー派生のキンダーホップしかかしこさ技を覚えない為、黄金ももを取る以外は完全に死にステータスです。

更に300週という短命よりの寿命で成長タイプも早熟
善悪値も-25と正直純血種で育成するメリットは無いと言っても過言ではありません。

そんなわけで派生種選びになりますが、今回の縛りで使える派生種はスエゾー派生かモッチー派生のどちらかです。

そんなわけで両方の適正を見て見ましょう。

ウシロメデス サクラホップ
両派生ともに寿命は20週伸びています。

しかし、ウシロメデスは成長タイプ早熟は変わらず、死にステのかしこさがBと無用の長物化させ、善悪値も-50まで下げる無駄っぷりで選ぶ理由がありません

対してサクラホップは成長タイプも普通になり、善悪値+40で、丈夫さがDになり他の適正もそのままと非常に良心的なバージョンアップになっています。
詰まる所、選択肢はサクラホップの一択です。

ちなみにホッパーは使える技が限られてるので、技の習得の想定はこんな感じです。

隣:ジャンプブロウ系(余裕があれば)、ホッパーロール系
近:ジャブ
中:フリッカー、
遠:大フリッカー、超フリッカー

殆ど使い込み技ばかりですので使い込みが大変そうです。
超フリッカーのみ習得条件が善悪値-20ですので、そこだけが肝になりそうです。

それでは育成モンスターを合体していきましょう。

2015-10-12_13-13-48
円盤石のかけらは冒険に早めに行くのと、序盤から多少耐久力を持たせたいことからワームのかけらでライフの初期値を上げてます。

2015-10-12_13-14-09
サクラホップの完成。

2015-10-12_13-15-15
ライフ以外カタログスペックです。

ちなみに名前はゲストスターが混ざってVIPになっちゃいましたってやつです。
まぁ何だかんだ特別枠なので妥当な名前でしょう。

それでは次回から育成を開始していきます。

13匹目 ロードランナーリベンジ編 part6

さて、レジェンド杯です。

2015-10-11_18-58-46
今年は偶数年ですので、お相手はモスト
ファーストランが戦ったポリトカよりも強力です。

2015-10-11_18-59-33
が、命中をしっかり上げているので、大ダメージ技もしっかり当てられます。
ここでも使い込みを考慮してスカイファイアで決めて行きます。

2015-10-11_18-59-55
一発当てたところでみだれざくらを撃たせる。
当然失敗。この顔である。

2015-10-11_19-00-21
ギリギリまで撃ち込んでいく。

2015-10-11_19-00-36
見事KO!完全勝利を飾りました。

2015-10-11_19-03-06
そんなわけで殿堂入りです。
ポーズが完全に可愛さアピール。

2015-10-11_19-03-19
得意技しっぽクルクルでしたね。
やはりこの技だけで序盤を凌ぎ切っただけの事はありました。

2015-10-11_19-21-08
レジェンド杯の後、一応冒険などもいきつつ。

2015-10-11_19-26-31
先に言ってしまいますが最後の修行です。
(※結局寿命を計算した所、スカイファイアの方は使い込みが足りませんでした

2015-10-11_19-27-16
最後ともあってなんとフェニックスが出てきてくれました。
良い演出。

2015-10-11_19-27-40
オート戦ではお決まりの開幕砂アタック
これが案外敵の攻撃をしっかり防いでて強い。

2015-10-11_19-28-01
更に習得したてのメガ・ボールを早速お披露目。
圧倒的火力で一撃。
流石のロードランナーの技の中で最大ダメージを誇る技でした。

2015-10-11_19-29-20
そんな訳で、メガ・ボール習得です。
この技を運用できるよう、かしこさよりも命中を優先してあげていました。
自爆ダメージもそんなに大きくなく、当てればダメージもガッツダウンもごっそり与える大技です。

その後Sランク公式で大会育成も兼ねつつスカイファイアの使い込みをしていました。
まぁ間に合わないことは目に見えていたのですが。

2015-10-11_19-42-47
メガ・ボールも折角なのでぶっぱなしてます。
撃った瞬間ファンランも相手も吹っ飛ぶので何が起きてるかスクショじゃわかりませんねw
ちなみにこの時タイミングミスって取れませんでしたがダメージ872でガッツダウンも34と凄まじい威力を出してました。

2015-10-11_19-44-23
ゴライア相手でもガッツ補正最大ならこのダメージ。
かしこさが多少低くても技の威力で十分補ってくれています。

そんな訳で、寿命も来まして育成終了です。

2015-10-11_19-56-10 2015-10-11_19-56-26
再生方法:合体
種族:ロードマスタード(ロードランナー×スエゾー)

※ちなみに今回は比較用にファーストランの最終パラメータも載せておきます。

01_ロードランナー (145) 01_ロードランナー (146)

はい、それでは所感となります。

予想以上に強くなった、っていうのが第一の感想ですね。
若干の状況は違うにせよ、初回育成の想定でファーストランと同じ道筋を辿り、寿命も無駄に消費している部分もありますので、いってもファーストランから多少得意な能力が超える程度かなって思ってましたが、結果としてはファーストランの総計3362に対しファンランは総計3754と約400も超えました。

ただ、この点に関しては育成の無駄を多少無くし、変に生きながらえさせて白銀ももを取るよりも育成を優先したという、初回の反省点を踏まえて進めた結果というところが大きいと思います。

実際の所、ロードランナーは要求なしおねだり持ち種族でファンランは性格が初期-60、成長タイプも早熟ということを考えますと、少なくとも純血ロードランナーよりもトレーニング効率が落ちることは間違いないはずですからね。

更に小屋の改築が全て終わっている点は、モンスターのストレスが若干溜まりにくくなる効果もありますから、なんだかんだ状況を合わせたと言っても多少の環境とプレイヤースキルという点でファンランの方が有利だったという事だと思います。
同じくもう一度純血ロードランナーを育てていればもっと強くなっていると思います。

では、そもそもの結局のところ初回に育成するモンスターとしてはどちらが良かったかという話に戻ります。

今回育成した2種の差は以下の形になると思います。

純血
初期から技の使い込みを進められる為、技の習得が早く、序盤の大会が有利
性格ヨイ寄りなのでトレーニング効率が良い
冒険での稼ぎはあまり期待できない
最終的な技の火力はそこまで高くない

スエゾー派生
初期を貧弱なガッツダウン技で戦い抜く為、序盤の大会が不利
性格ワルの為、トレーニング効率が悪い
冒険での稼ぎがしやすい
最終的な技の火力が高い

結論としてはどっちもどっちという事でしょう。

最終的に稼いだ金額はロードマスタードの方が上でしたので、クリアだけを考えるのであれば、序盤を楽に進めるか、育成終了時の金額を重視するかという違いでしかないかと思います。
とこんな事言ってますが、正直マーケットからわざわざロードランナー種だけを選んでクリアまで育成するなんて人もそうそういないでしょうから大した参考にはなりませんねw

何はともあれ、ゲーム開始初期状態からの殿堂入りを目指す形の育成がどちらも成功して何よりでした。

さて、次回はせっかく特別枠で再生したホッパーを育成していきます。

それではまた次回の育成で。

Steam box 2

13.c.Gilbertさんの音楽サークル「永久立体<キュービックループ>」のSteamゲームミュージックアレンジCDの特設サイトの制作を担当させて頂きました。

eikyu

Steam box 2

SteamゲームミュージックのアレンジCDということで、デザインも完全にSteamのオマージュです。
細部が多少違う(というか完全に似せるとちょいね…w)ところはありますが、パッと見で「あっ!これはSteamだ!」って思えるデザインになっているかと思います。
参加者の方々にも好評のようで嬉しい限りです。

購入の方はいつでもできるようですので、気になる方は是非お手に取って頂ければと思います。