記事の並び替え:

Monthly Archives: 12月 2015

モンスターハンタークロス 状況①

どうも、モンスターハンタークロス(以下MHX)にがっつりドハマりしてる作者です。

いやぁやっぱりモンハンは楽しいですね。
スカイプで皆でわいわい喋りながら狩りしてるだけで何時間でもやれてしまいます。

そんなこんなでMHXの発売からまだ日も浅く、皆も装備を整えることに注力している昨今だとは思いますが、私の現状をちょっくらチラ見せしようかと思います。

ちなみに現在のHRは6です。
上位クエスト後半に向けて強い装備に作り直している所ですね。

使っている装備は太刀をメインとし、パーティ戦では操虫棍でサポート兼アタッカーをしていますね。
そんな私の装備はこちら

太刀装備(ギルド、ブシドースタイル)
IMAG0854
まさかのセイラー一式
しかしながら、完全に見た目装備と侮るなかれ。
今回のセイラー装備は上位に入って比較的お手軽に作れて、スキルもかなり優秀。
見た目と合わせて非常に魅力的な装備です。

そのスキルがこちら
IMAG0855

回避性能+1 (回避珠×3で+2)
集中
挑発
(腹減り半減) ※護石でついてます

太刀は集中で錬気ゲージの溜まりが早くなり、錬気ゲージがMAX時には攻撃力が上がりますので、純粋にDPS(ダメージ効率)の上昇に繋がります。
集中は他にも大剣、ハンマー、双剣などでも活用できますし、回避性能は装備選ばず活かせます。
かなり汎用的に有用なスキルが一式揃えるだけでついてくれるんですね。

挑発はモンスターに狙われやすくなりますが、私はたまにブシドースタイルもやっているので、攻撃がこちらに向くのはジャスト回避からの反撃チャンスが増えるので意外にプラスになります。
その分ブシドー時は回避性能+2はジャスト回避に乗らないので無駄ですが、普段はギルドスタイルなのでまぁありかなと。
あくまで後半までの繋ぎの上位装備ですからね。

ちなみにこの装備、村でタンジアの港の看板娘のクエストをクリアしなければなりませんが、チケット系や鉱石・虫素材、後は上位フルフル、下位ブラキ素材だけでさくっと作れます。
(※上位フルフルは一度倒してその後モンニャン隊だけで収集可)

比較的お手軽でこの有用さはかなり優秀だと思っています。
あと見た目ね!(※重要)

 

次に操虫棍(エリアルスタイル)
IMAG0857
こちらは複合装備、いわゆるキメラといわれている装備ですね。
案外見た目が良い具合に整ったので気に入っています。

詳細はこちら
IMAG0858

体術+1
破壊王
飛燕

重撃+4、スロット2の護石で武器スロットも1使って成り立っている装備ですが、その分スキルは上位前半ではかなり優秀な部類だと思います。

私の操虫棍での立ち回りが、メインのアタッカーを大剣など攻撃力の高いメンバーに任せ、乗りを積極的に取ってダウンを狙い、攻撃のチャンスでは部位破壊をしながら麻痺武器でマヒも取っていく。
モンスターの動きの制御と煩わしい部位破壊を一手に担ってアタッカーの手数を増やすように動いている形ですので、このスキル構成は理に叶っています。

勿論、操虫棍の虫もエキス広域化を付けて、パーティーにも虫のエキス強化が入るようにしています。

最終的には体術よりも回避距離を付けて、敵から距離を取り易く、エア回避でのジャンプ攻撃回数も増やせるようにしたいと思っています。

 

私の装備は今の所こんな感じです。
太刀は確実にまた装備を一新しますが、最終的には回避距離、破壊王、攻撃UPなどでこちらも遊撃手的な動きができるようになれればいいなーとか思ってます。

モンハンはこういう自分の役回りとかを考えながら装備の構成を考えて行くのが面白いと思います。

そんな訳でMF2の方は若干また更新後回しになっちゃいますが、今しばらく許して下さい
m(_ _)m

あれ?モンスターハ……ファーム?????
IMAG0856

16匹目 ハム編 part4

四大大会もラスト、グレイテスト4です。

2015-11-07_05-24-41
ゼーランディアは安定の2発かーと思っていたら……

2015-11-07_05-25-12
根性発動!
暗けいの使い込みを助けてくれるゼーランディアさん素敵!

2015-11-07_05-25-56
ただしぶん殴る。

2015-11-07_05-26-49
カーマイン先生は流石にもう一撃でした……

2015-11-07_05-33-55
最後はラブレス組長。
2勝同士なのでギブアップ再戦は使えません。

2015-11-07_05-27-39
暗けいで半分も削れない!
耐える!耐えるぞラブレス

2015-11-07_05-28-40
3発目最後はオーバーキルのクリティカルで無事KO。

2015-11-07_05-29-03
優勝し、使い込みは7回計45回です。
間に合いそうです。

2015-11-07_05-43-39
大会後、修行に行くとこんな話が。
これはグジラのフラグですね。
命中の修行地でグジラのノラモンが出るので、倒すとグジラの合体アイテムが手に入ります。

ホッパーで温泉を掘っていたのでこのイベントが発生しました。
折角なのでこの機会に倒しておきます。

2015-11-07_05-41-55
そんなわけで命中技の修行。

2015-11-07_05-49-13
ノラモン、グジラキング登場。
2回目で出てくれて助かった……
後は全てをパニーノに託すのみ!

2015-11-07_05-49-36
開幕ぐるぐるプレスが来るが避けるパニーノ
グジラキングは命中がさほど高くないので回避カンストは安心感あります。

2015-11-07_05-49-48
超放屁でガッツロックも掛ける。
優秀な頭脳をお持ちですなパニーノ

2015-11-07_05-50-05
ノラモン戦でも暗けいを叩きこむ。

2015-11-07_05-50-57
覚えたての正拳も叩き込み。

2015-11-07_05-51-35
再度正拳でKO。

2015-11-07_05-52-11
ノラモン戦後、パニーノが何かをとってきました。

2015-11-07_05-52-57
パブスに見せるとこれがグジラのヒゲだと。
パニーノグジラキングをボコボコにするだけでなくヒゲまでむしり取ってきたのか。
ヨイモンのはずなんだけどなー。

2015-11-07_05-54-16
そんなこんなでグジラのヒゲをゲットです。
これでグジラも育成可能です。

2015-11-07_05-53-38
そして正拳も習得。
命中性能の高い小技ですね。
接近距離での安定感が増すかと思い習得しました。

そしてレジェンド杯です。

2015-11-07_05-58-22
今年は偶数年ですのでモストの登場です。
パニーノの命中が心もとないですが、当てられれば十分戦えます。

2015-11-07_06-03-57
まずは暗けいを一発。

2015-11-07_06-04-30
そして距離を調整して乱れざくらを誘発。
この顔を拝む。

2015-11-07_06-04-50
ガッツ無駄撃ちで差が付いたので、後はしっかりガッツ補正を乗せた暗けいを叩きこむのみ。

2015-11-07_06-05-24
KOまでは行きませんでしたが無事完封勝利。

2015-11-07_06-08-38
そんなわけで殿堂入りです。

2015-11-07_06-08-48
得意技は暗けいでしたね。
バックナックルのが使っている気がするのですが、この得意技は使用回数ではなく消費ガッツ量なのですかね。
この辺は育成に影響無い所なのであんまり仕様を知りません。

殿堂入り後、シルバー杯に出ます。

2015-11-07_06-16-02
殴る。

2015-11-07_06-17-19
殴る。

2015-11-07_06-18-54
もも食ってシルバー杯、完!
ちなみにこの段階で暗けいの使い込みも完了しました。

2015-11-07_06-30-22
寿命に多少余裕があったので、シルバー杯の週にSランク公式戦にも参加。
正拳の使い込みを進めています。
この大会で28回使えたのであと一回Sランク公式戦に出られれば間に合いそうです。

2015-11-07_06-41-29
暗けいの上位技を覚えに行きます。

2015-11-07_06-42-15
ナガシメは本当になんでこのタイミングで出てしまうのか。

2015-11-07_06-42-32
完全に舐めプレイで超放屁までかますパニーノ
お前本当にヨイモンか?

2015-11-07_06-44-31
超暗けい習得です。
ダメージも上がり、ガッツダウンもそこそこ。
安定感のある命中率で中々の超必殺技です。

2015-11-07_06-57-14
残り寿命がわずかなのでパラメータ調整もしながらSランク公式戦に再度でました。
正拳の使い込みも完了です。

2015-11-07_07-00-18
最後の修行です。ノラモンは出ず。

2015-11-07_07-01-21
超正拳です。
威力が上がった正拳ですね。
使い勝手は悪くないです。

2015-11-07_07-03-35
そして体型激ガリをしっかり調整して、寿命が来たので育成完了です。

2015-11-07_07-03-24 2015-11-07_07-03-49
再生方法:マーケット後、合体
種族:クロスフォーアイ(ハム×スエゾー)

はい、それでは所感になります。

実はハム純血種クロスフォーアイの育成で悩んでいました。
育成難易度的に圧倒的にクロスフォーアイ有利だったのですが、純血種のちから、回避Aの適正に目がくらんでいたんですねw

しかしながら、ふたを空ければクロスフォーアイでもちから、回避カンストを達成できてこちらを選んで良かったととても安心しました。

後は初期善悪値-45のおかげで超放屁を初期から習得できるというのはやはり強みですね。
これのあるなしで序盤の大会の難易度が劇的に変わります。
それほどまでに命中の高いガッツダウン技が優秀だということです。

個人的にはライフも700近くまで上げられたのは嬉しい所ですね。
ハム種は敵モンスターでも大体ライフ低めのが多いですが、折角ライフCの適正を持っていますからね。
しっかり避けつつ、多少食らっても耐え、さらに根性を持つと粘り強さが付いたのはとても良い形かと思います。

さて、次回で今の工房内モンスターの育成はラストです。
最後はもう大体わかってくるかと思うのですが、あのモンスターです。

詳細はまた次回の育成で。

16匹目 ハム編 part3

2015-11-04_02-54-40
超必殺技の修行です。

2015-11-04_02-55-26
かわいそうな事にナガシメパニーノに出会ってしまいました。

2015-11-04_02-56-00
問答無用でバックナックルをぶち込むパニーノ

2015-11-04_02-57-16
暗けいの習得です。
ダメージはほどほどですが命中が高いので安定感のある技です。
この技も使い込み技なので使い込みます。

2015-11-04_03-01-14
ちょっと悩んだのですがインビテーションマッチに参加します。
今後育成するモンスターでデュラハン派生を育てる可能性があったので取得しました。
(ま、結局使わなかったんですがね……)

2015-11-04_03-01-40
Bランク程度のパラメータしかないレオくん。
余裕ですね。

2015-11-04_03-02-04
暗けいクリティカルで一撃必殺。
たった10秒で剣を奪いました。

2015-11-04_03-05-15
もろはの剣ゲットです。
使わないですが。

2015-11-04_03-04-54
5歳です。
激ガリなので回避はカンストです。
ここから可能な限り命中も伸ばします。

Sランク公式戦です。

2015-11-04_03-09-34
パニーノは余裕で勝てるパラメータになっているので、問題はここで暗けいをどれだけ使えるかだけです。

2015-11-04_03-10-13
回避カンストでもたまに当ててきます。
ですがライフもそこそこあるので十分耐えられます。

2015-11-04_03-10-37
反撃の暗けいでごっそり持っていけるので負けることはないです。

2015-11-04_03-14-32
Sランク鬼門のプロメテウスですが。

2015-11-04_03-14-54
暗けいクリティカルで一撃。
もっと使い込ませて欲しいのですが……

2015-11-04_03-17-25
上手い具合に調整できたのでギブアップ再戦も発生させます。

2015-11-04_03-19-46
再戦もザグレフ

2015-11-04_03-20-17
しっかり使い込んで優勝。
使い込み回数17回でインビテーションマッチと合わせて18回です。
少し間に合うか心配です。

早速四大大会M-1グランプリ

2015-11-04_03-29-56
暗けいドルーガードを難なく沈めます。

2015-11-04_03-31-12
どうせ当たらないだろうと思っていたら、ルージュドレインで2回も吸われこちらは瀕死、相手は全回復と一気にピンチに。

2015-11-04_03-31-46
しかし暗けいクリティカルの1発でKO。
超必殺技に安定感があるのは良いですね。

2015-11-04_03-32-18
ラストはアスタウンド
耐久が高い相手なので使い込みが捗りそうです。

2015-11-04_03-32-52
意外にもクリティカルで半分以上削れてしまいました。
もう一回クリティカル出る前にギブアップで再戦を狙います。

2015-11-04_03-33-55
だからクリティカルはいらないんだって……
結局アスタウンドには2回しか使い込めず、使い込み8回で、計26回です。

ウィナーズ杯

2015-11-04_04-01-38
暗けいのクリティカルはDのはずなのですが、妙に決まっていているので、ここのメンツは使い込みが厳しそうな気がします。

2015-11-04_04-01-59
回避型の敵、カーマイン先生登場。

2015-11-04_04-02-17
しかし先制攻撃はこちらが貰う。
一気にほとんどのライフを持っていきます。

2015-11-04_04-03-25
その後微妙にパンチなど貰い多少削られましたが2回目の暗けいでKO。

2015-11-04_04-10-14
ブリガンディ暗けい2発でKO。
使い込み6回計32回です。
やはり少々少ないです。

ワールド・モンスターズ杯

2015-11-07_05-04-09
ちからがだいぶ上がってきてしまっているので結構威力がでてしまっています。

2015-11-07_05-05-25 2015-11-07_05-05-55
ドルーガードも2発。

2015-11-07_05-06-44
シアラが一発でKOしそうなところギリギリ耐えてくれました。
残りライフ4と皮一枚。

2015-11-07_05-07-13
2発目しっかり当ててKO。

2015-11-07_05-07-36
使い込み6回計38回です。

2015-11-07_05-17-57
大会の合間に修行に出ます。

2015-11-07_05-19-23
ホットアイに遭遇。
今回のノラモンはスエゾーばかりですかね?

2015-11-07_05-20-14
相変わらずバックナックルであっさりKO。

2015-11-07_05-21-48
レフトナックル習得です。
ダメージ特化で消費ガッツも抑え目の大ダメージ技です。
この技は使い込みでハム最大火力が出る技を覚えるのですが、それを覚えるにはレフトナックルの下位互換である超バックナックルを覚えつつ使い込みもこなして再度修行をしなくてはならないと、かなりめんどくさいのでスルーです。
暗けいレフトナックルの両方の使い込みをするにはハムは少々短命すぎますね。

次回に続きます。

16匹目 ハム編 part2

さて、早速育成開始です。

2015-10-25_04-29-55
まずはいきなりガッツダウン技の習得に行きます。

2015-10-25_04-30-58
超放屁習得です。
命中性能の高いガッツダウン技です。
実は超放屁は設定ミスによりパラメータに関わらず習得可能なので、ハム種の善悪値がワル側の種は問答無用で強力なガッツダウン技が手に入ります。

2015-10-29_09-54-04
さらに大ダメージ技の習得にも行きます。

2015-10-29_09-54-59
バックナックルです。
スペックはさほど高くないです。
使い込み技なので、序盤の攻撃はこのバックナックル一択。
逃げに超放屁を使って戦います。

3ヶ月たった6月ですぐDランク公式戦です。
早熟はサクサク序盤を進めると後が楽です。

2015-10-29_10-38-48
カペラはいない物の、高ライフ組が多いですね。
使い込みは捗りますが、競り負けないか心配です。

2015-10-29_10-40-23
パルマーは近づいて意味不明のタイミングでバックナックルを当てれば余裕でした。
というか意味不明でないと命中率30%ちょっとしかでません。

2015-10-29_10-42-33
ヘイルフォールは余裕だと思っていたら、バックナックルは避けられ、パンチを貰い、何とか超放屁でガッツロックしながら逆転を図りましたがライフ同率。
そしてまさかの判定負けを貰いました。

2015-10-29_10-43-55
ですが、その後ミリアムはKO。

2015-10-29_10-44-34
厄介なスリートボムですが。

2015-10-29_10-45-44
ガッツロックが上手く機能して完封。

2015-10-29_10-47-37
ウィストンも数撃ち当たる戦法でKO。

2015-10-29_10-48-04
無事優勝しました。
バックナックルの使い込み回数は15回でした。
超放屁の逃げ切りもやっていたので少し少ないですね。

2015-10-29_22-58-14
10月の冒険には間に合ったので延命ついでに探索です。

2015-10-31-171114
MF2の息抜きでも夜の探索に出かけました。(別ゲーム、夜廻り

2015-11-01_20-39-07
1歳です。
大会に簡単に勝ち抜くには上手く避けてでかい一発当てればいい。
そんなわけで序盤は適正の良いちから、回避型。

Bランク公式戦
成長段階が第4段階に行く前にBランクをクリアしてしまいます。

2015-11-01_21-17-05
勝敗はバックナックルが当たるかどうかに全てが掛かっています。
命中が低いのでデューレス相手にも避けられますのでギリギリです。

2015-11-01_21-19-47
ハム対決。
パラメータの差はお察し。

2015-11-01_21-20-40
いきなりドラゴンパンチを貰いますが、クリティカル技なのでクリティカルが入らなければ耐えられます。

2015-11-01_21-20-56
25%バックナックルを叩きこむ。

2015-11-01_21-21-09
何故か当たる当たる。

2015-11-01_21-21-18
しかしここで根性発動
リキエルの怖い所です。

2015-11-01_21-21-30
でも何故か決まってしまうバックナックル
確率詐欺もいいとこですが、勝てれば良かろうなのだ。

2015-11-01_21-22-38
ロベニールはあまり避けないので楽でした。

2015-11-01_21-24-01
鬼門のイプシロン
流石にこいつは厳しそう。

2015-11-01_21-24-50
まさかのレーザーカッターをもろに食らう。

2015-11-01_21-25-28
KOはされませんでしたが、一発もバックナックルが当たらないままタイムアップで敗北でした。

2015-11-01_21-26-41
しかし、まだ1敗で残りを勝てば可能性はあるので必死に食らいつきます。

2015-11-01_21-26-59
どの攻撃も怖いサンジュラスにはガッツロックも掛けて行きます。

2015-11-01_21-27-46
何とか最後にバックナックルも当たって勝利。

2015-11-01_21-30-00
怖い戦いがいくつかありましたが何とか優勝。
バックナックルの使い込みも40回使い込み、計55回と使い込み完了です。

2015-11-02_03-27-15
ちまちまフルーツグミをあげていたのですが、ようやく善悪値+20になりました。
これで黄金もももかしこさ200で取得できます。

技はワル技超放屁のみですので、ピークはこのままヨイで育成できそうです。

2015-11-02_04-19-54
黄金もも取得。
ピークへの準備も完了です。

2015-11-02_04-28-41
ヨイになると一気に大成功確率があがります。
高適正のパラメータの伸びは気持ちいいですね。

2015-11-02_04-40-42
2歳です。
ピークですので本格的にトレーニングです。

2015-11-04_00-52-26
3歳です。
丈夫さは300あれば十分でしょう。
後半の修行でも多少伸びますし、ここからはちから、命中、回避を伸ばします。

2015-11-04_01-51-06
4歳です。
かなり強くなってきました。
成長第5段階までは育成を続け、第6段階から技習得と大会を進めます。

2015-11-04_02-43-33
冒険でぎんのかたまり大量取得。
かしこさがなくてもライフがあればなんとかなるもんです。

次回に続きます。

16匹目 ハム編 part1

はい、MF2円盤石・石版再生縛りプレイ日記。
今回は16匹目の育成となります。

前回のネンドロに引き続き、工房に既にいるモンスターの育成を進めて行きたいと思います。

そんなわけで今回の育成はあらかじめマーケットから貰っていたハムです。
早速純血ハムの適正を見て見ましょう(※画像はモンスターファーム2@まとめwikiより

ハム
ハムは適正としては優秀でちから回避共にAと尖るところはしっかり尖り、ライフ命中も平均のCを持っています。
丈夫さプールバグCと同等ですので、防御面も悪くありません。

唯一かしこさだけはEなのですが、普通に育成する分にはハムのかしこさ技はガッツダウンメインで、ダメージに影響するものがないので欠点になりません。

ただ、今回の縛りプレイではいつも通り黄金ももの取得がネックになってしまいます。
かしこさEで200まであげる大変さは前回のネンドロで十分経験しましたしね。

また、寿命も300週と少し短めで、技の習得があまりできなさそうです。

そんなわけで派生種の育成をするわけですが、この縛りプレイで育成可能なハムの派生種は以下の2種です。

ウロコウサギ クロスフォーアイ
どちらも寿命は320週と純血より20週増えていますが、ウロコウサギに関しては丈夫さの適正をDにする代わりにちから、回避の適正がBになっています。
丈夫さはプールバグがあるのでわざわざちから、回避の適正を下げてまでDにする必要も無い為、完全に純血種の劣化です。

そんなわけで、選択肢はクロスフォーアイの一択となります。
クロスフォーアイはちから、回避Bとなりますが、かしこさがCまで上がり、プールバグも考慮すると全適正C以上と優秀です。
成長タイプ早熟が少しネックですが、散々早熟は育てているので問題ないと思います。

習得予定の技は以下のもの。

隣:正拳系、暗けい系
近:バックナックル系
中:ワン・ツー
遠:超砲屁

序盤は最優先で超放屁のガッツダウンを手に入れ、命中の低い使い込み技を使い込みながらガッツダウンで上手く逃げ切る形になるかと思います。

それではさっそくモンスターを作成します。

2015-10-25_04-20-38
今回は冒険と序盤の大会に向けてライフ+50のワームのかけらを使います。

2015-10-25_04-26-07
完成。

2015-10-25_04-27-01 2015-10-25_04-28-26
ライフ+50以外いつものカタログスペック。

名前のパニーノは、パンに具材を挟んだイタリア料理ですね。
主にハムとか挟みます。

それでは次回から育成を開始します。